memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

叩き出しブレイク⑵

イイダ傘店のデザイン

おわりに

 

いつからだろう、夢がなくなったのは。

子供の頃、しばらくやってこないと思っていた未来には、スポーツ選手でもミュージシャンでもなんでもいい、大きな夢があり、夢とはそういうものなんだと思っていた。

(中略)

けど今は、もう少し小さな夢がたくさん叶っているように思う。

初めて自分の布ができとき、はじめて傘のオーダーをもらったとき、はじめて雑誌に載ったとき、街で自分の傘を見かけたとき。

それらはとっても小さいことだけど、あ、そういえばこれは、夢というには大げさだけど、目標というか、憧れていたことが実現したんだな、と後から思う。

自分の傘が本になるとは夢にも思っていなかったけれど、こうして本があらかたできて、印刷前の見本をながめて、あー、これもひとつの小さな夢だったのかなと。

 

(中略)

 

前から僕とお付き合いしてくれる皆様が、ここまでイイダ傘店を育てててくれました。形式上、僕が著者となってしまったが、上の人たちがイイダ傘店を作っています。

 

イイダ傘店

飯田 純久

 

 

朝、カーテンを開けたら雪が積もっていた。

昼の太陽に照らされて融けてしまうのだが。

冬の寒いのは嫌い、でも雪の白いのは好きだ。

青空を見上げながら、融けないでって思って

イイダ傘店の本を思い出した。

 

熱望しているけれど、

実はまだ、オーダーに至っていない。

 

日々の生活には優先すべきことが多くて、

なかなか。

自分の贅沢を優先にはできなくて。

 

然るべき時に、

然るべき思いで、

オーダーできたら。

 

「夢」については、

ひっそりと思うことがあります。

 

今少し、絵を描きたい欲が枯れている。

白紙に向かうと、描けなくなる。

 

ナンテコトナイさ、と切り抜けたつもりで、

やっぱり少し疲れているのかも。

 

もう少し、もう少し頑張ろう。

 

 

 

 

何もかもが、

色々なことが、

当時の備忘録から変わってしまった。

でも、欲しいものだけは同じである。

枯渇する心にさす傘が欲しい。