ÜNDYing

Under renewal...

「どうでもいい」を置き去りにすること。

ほとんどの人間は、ほとんどの問題について

「どうでもいい」と思っている。

まず、この事実を認めるところに全ての出発があると思う。

全ては「どうでもいい」との格闘であり

「どうでもいい」との抱擁なのだ。

あるいはまた、「どうでもいい」を置き去りにすること。

 

思えば、孤独は美しい。

思えば、孤独は美しい。

 

本日 7:00pmから

某芸能人とそれを囲む女性リポーター人との不毛で三密な記者会見というのが開かれていた「まことにどうでもいい」非難派も擁護派の意見も。見えるのは大人が寄ってたかってひとりの大人を責め立てる映像、

 

「もういいわ、観たくないわ」

垂れ流しを制止したのは長男だった。

「だね、やめとこう」画面を閉じた。

 

その間に、長女が作ってくれたシュークリームが焼けた。

子供たちと分けて、食べた。美味しかった。

 

 

 

f:id:undy-yuu:20201203231744j:image

 

やめようぜ、大人たち。

みっともないよ。

子供世代が観ているから。

 

我家は基本テレビを観なくなった大きな一つの理由だった。

明日は狩りのように様々なコメントも露出されるんだろう...

明日は、Webでの最新ニュースチェックも避けよう。

 

それぞれの家庭の出来事である、どうでもいい。

 

 

あぁでも、読みかけの本が頭に入らない。

雑音ばかりだ。

 

 

雑音ばかりだな。