memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

自分、春だってよ。

眠くて怠いですが、カラーデザイン夜間講習4回目の所感をざっくり叩き出し。本日は「パーソナルカラー」について。生活に活かしていなかったと大いに反省...自分のパーソナルカラーなんて考えたこともなかった。

 

パーソナルカラーは肌のベースカラーを更に分類したもの。

肌の色「黄色み」か「青み(色白)」か?

f:id:undy-yuu:20170515225335j:plain

引用元:ビジネス | ハイアールオフィシャルストア

 

そこから「イエローベース」か「ブルーベース」の色相に分別→「高明度」か「低明度」で更に分別し、「春・夏・秋・冬」の4つが基礎構成と分かれます。「春」「秋」がイエローベースに対して「夏」「冬」がブルーベースのカラー。並べて比較すれば、納得します。が...

 

f:id:undy-yuu:20170515224119j:plain

引用元:ヘアカラーがしっくりこないアナタに。自分のパーソナルカラーを知ろう♪ | ギャザリー

 

本当に?

グループ内で診断してもらったら自分は、

パーソナルカラー「春」だった衝撃!

春色!パステル!?花柄??未知の領域(泣)

 

自分は、基本モノトーンが好き。

主役が黒で、外しにグレーか、白か、グリーン系。

嫌いなのはピンク、イエロー、ブルー系、春色のパステル!

爽やかすぎて、眩しいし自分の領域外すぎて泣ける。

 

「好きな色と、似合う色は違う。」

先生、笑顔でニッコリ。ひー。

好きなカラーやデザインで選んでたよ?

でも、自分に似合う口紅とかさっぱり分からなくて、

諦めて持ってすらいないという...女子力低すぎ。 

 

 

 

気を取り直して、

復習してみてわかりやすいサイトはこちらでした。

男性編、女性編両方でパーソナルカラー診断もあり。

悪あがきで男性編、女性編どちらも自己再診断してみるも、

結果は「スプリング」でした...諦め悪いのが仇になる(泣)

otokomaeken.com

 

同じ「春組」となった女性陣はそりゃぁ、肌は白くて、もうピンクや花柄を着こなししていたり女性らしいふわっとした感じがあって似合ってました。夏組、秋組、冬組の人たちの顔や雰囲気も客観的に見るととても納得で、尚更自分の居る位置にモジモジじてしまうというか。居心地悪いというか...

 

心が男で、今月などは「men's FUDGE」を購入したくらいピンクに縁がない自分、場違いすぎる。スカートなんて履かないし。ファッションは、どんどんメンズ思考になっているのに。最近、メンズ雑誌眺めるのが好き。靴やカバン、時計などもメンズデザインの方がよっぽど好きなんだけどなぁ〜〜〜(まだ納得していない)

 

men's FUDGE 2017年6月号 (メンズ ファッジ)

※インテリア写真も良かったおすすめ。

 

 

 

無理やりまとめ。

人の血液型がA・O・B・AB型に4分別しても性格全て4分別出来ないように、パーソナルカラーにも複合型があったり、その時の体調や、ヘアーカラーやファンデーション、光原(昼か夜か、屋内で照明)などの環境によって左右されるところも多い。実際、診断しても変わることもあるようですよ。

 

だから、単純に「春」=自分の苦手な爽やかパステルカラー、と括って嫌煙しないで、春色の中にも高明度なグリーントーンやベージュトーンは好きな色だし、自分では思いもしないカラーを調べたり採り入れたりすることは、日常がカラフルになるのではないかな。(でもピンクだけは嫌だな。黄色も嫌い。)

 

色に好き嫌いが激しいのも、デザインに関わる作り手として、足をひっぱる視野が狭いことだとも改めて思った。色は本来自由で、選択肢が豊かで、彩りがあるものだから。

 

独学では絶対に学べない、グループワークが面白い。

個性様々な考えや感情に正解はなく、そこを楽しんでいる。

 

徐々に、ハードルアップしていくようだけどね。

明後日は小テストのようだ...。

 

楽しくても遊びではないのだ。

楽しんで学ばねばね。

 

 

 

*修正しました

誤:「秋」「冬」がブルーベースのカラー。→正:「夏」「冬」がブルーベースのカラー。