読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

無償の愛/かたあしだちょうのエルフ

ちょっと、悲しくなる話ですが。

子供も自分も好きな絵本の一つ。

改めて、第1刷を確認したら1970年。

2005年現在、第121刷と増版されている絵本。

(更に増版されているかもしれません)

 

「かたあしだちょうのエルフ」

/文・絵 おのき がく

かたあしだちょうのエルフ (おはなし名作絵本 9)

 ---------------------------

「エルフは、若くて 強くて 素晴らしく大きな オスのだちょうです。

 何しろ、一息で千メートルも 走ったことがあるくらいです。

 それで皆は、エルフ、エルフと呼ぶようになったのだそうです。

 エルフとは、アフリカの言葉で千のことなのです。

 エルフは、とても 子供が好きでした。

 

 子供達は エルフの背中に乗せてもらって、広い草原を

 ゆっさゆっさ 揺られながら、ドライブするのが大好きでした。

 (中略)

 エルフは すっと首を伸ばして ライオンの前に立ちはだかりました。

 ライオンは後ろ足で立つと、エルフめがけてつかみかかりました。」

(※抜粋は漢字変換しております)

 ---------------------------

 

エルフは、子供達を守るライオンとの戦いで、片足を失ってしまいます。

それからは、子供達を背中に乗せて散歩もできなくなり、初めのうちはエルフを助けてくれた仲間達も、それぞれ自分の家族のことだけでも大変なので、日が経つにつてエルフは仲間から忘れられていき、孤独になっていくのです。餌を自分で見つけられないので、木の根や石を食べ、カサカサになっていくのでした。

 

黒ヒョウが現れた時、エルフは最後の力を振り絞って叫び、仲間に知らせます。子供達を自分の背中に乗せて、黒ヒョウから守ろうと戦います。

 

それが、エルフにとって最後の戦いとなりました。

 

 ---------------------------

「エルフ、ありがとう。」

と(子供達は)叫んで振り仰ぐと、皆はあっと 驚きました。

そこには、片足のエルフと同じ格好で、

素晴らしく大きな木が 空に向かって生えていたのでした。

(後略)

(※抜粋は漢字変換しております)

 ---------------------------

 

最後にエルフの姿が、涙が、一年中涼しい木陰と泉を与え、動物の仲間達は楽しく暮らしました。というお話。

答えがわからぬが「無償の愛情」という壮絶さから目が反らせないから、子供も大人だって最後まで目が離せないし、語り継がれる本である所以だなと思います。

 

自己犠牲の愛、と美談に終えたくないなと思う話です。