ÜNDYism

デザインの仕事|シングル子育て|喘息改善|雑感_φ( ' ' )

イラスト叩き出し

初めから液タブスタートで構図を決めて「1時間でどこまで描けるか」ブレイク&トレーニング。しかしだ、鉛筆がやはり、好き。紙に擦れるにじみ質感は、液タブでは再現できない。...でも、全ての工程が時間短縮できるデジタルツールは魅力的なのだ。使いこなせてない言い訳だよなって思う。

 

師走の整頓を徐々に行い、来年度の目標まとめに入るにあたり、来年に向けてもっとデジタルツールでも納得できるイラストが描けるようになりたい。でも...、のっぺりとする質感は否めない。絵筆と絵の具に勝る利点を、デジタル画の中で見つけたくて、試行錯誤。そうは言っても最近絵筆で絵を描くことも出来ていない。

 

概ねルンルンで描き進めたけれど、着彩に進むにつれ改善点が色々。着彩は途中で塗り込み断念...もう少し描き込みたいところ。それも含めて記録として貼っておく。

 

①下描き

f:id:undy-yuu:20171208182442j:plain

 

②ペン入れ

f:id:undy-yuu:20171208182500j:plain

 

③下塗り

f:id:undy-yuu:20171208182515j:plain

 

④仕上げ

f:id:undy-yuu:20171208182528j:plain

 

来年度に向けて大枠テーマは「楽しむこと」

本年度は夢中すぎて、本質のそれが抜けていた。

デザインの現場を知って、楽しみたい欲が出た。

 

サラサラっと描く小山健さん「お父さんクエスト」とか、

ながしまさんの「やさしく、つよく、おもしろく。」が好き。

 

「この人にしか描けない!」と言う個性に惹かれるが、

デザインツールとしての説明イラストには個性が邪魔になる。

 

とは言え、近日公開のイラスト制作は趣味100%で描いたため、

ペンダコが赤くなって痛くなるまで没頭。そちらはまだ非公開。

 

趣味と実益・創作と商業デザイン、相対するのは悩ましく... 

試行錯誤のまま、本日はここまで。