ÜNDYism

デザインの仕事|シングル子育て|喘息改善|雑感_φ( ' ' )

今は「突き進む」コマ

けだまとりこ女史が「原点とはなんぞや」的な記事だったのでタイムリーだった「今まさに自分は何から逃げたいのか」あたりが。したらば、「突き進む」と「逃げ出す」は紙一重なのではないか!?と名言らしきものをいただいた。

 

半年前には退院後自宅療養していた癖に、早速寿命を縮めるような、自分を虐める時間軸で働いていたりはする。しかし困ったことに、今期は全体が見えるのでこなしていて楽しい、と思える局面の方が多い。もう少し頑張ればいったんゴール、と思いきやゴールテープの向こうで待っているバトン。バトンを受け取り走ること、は決まっている。

 

はて、自分の原点は、、

 


「さあ、笑顔あふれる町へ。」 秋田県鹿角市(ロングバージョン)

 

思い出すと真っ先に浮かぶPV。

「自分は、どこに行きたかっただろうか。」

 

王様の耳はロバの耳!的な知らなくて良い現実を知ってしまい、だが実は安心していた自分もいた。むしろ自由で良いんだ、という安堵(やっぱり言葉的には濁す)ただこの先、子供が巣立つまでは仮の住まいで仮の人生を継続していく中で、、

 

「自分は、どこに行きたかっただろうか。」

ふとそう思うから、いつまでもこのPVが原点な所以。

 

書籍で原点は、竹田圭吾氏。

竹田圭吾だったらどう考え、コメントしたか」 は世論や社会情勢拾うとすぐ想像してしまう。更新されるはずのないTwitterをフォローし続ける理由。

コメントする力

コメントする力

 

 

 

もう少し正念場は続くので、

ひとまず心のみ温めて、寝ます。