ÜNDYism

デザイン|子育て|成人喘息|日々雑感_φ( ' ' )

気持ちはアスリート(図々し)

点滴してきました。サクッと。

前回の入院時は、点滴通っても効かなかったが今回は早めだったのが幸いかな。強めの咳止め処方してもらい、午後からすうっと楽になった。肺の中をホースで水入れてジャバジャバ洗いたいくらいの、痒さや痛さが。強めの咳止め服用薬は、非麻薬系だけど身体に良くはない。それなら、ステロイド点滴だって身体には良くない。症状を抑えるために副作用と負担が伴うもので・・その昔、絶対その治療止めるべき!と薬学に詳しい方にアドバイスされたっけ。あれも優しさあってのことなのだが、自分は結局この治療に今は頼るしかない。即効性で、きちんと明確に治るもの。回復する科学的根拠がある治療方法で。点滴写真は、見苦しいから幅300pixに縮めてはおきました記録用につき見苦しさご勘弁を・・・

f:id:undy-yuu:20190422221149j:image

PMSについても、事細かに病院や漢方やアロマオイルや・・とお勧めしてくれる方おり、それも優しさあって「自分が見つけた治療」を教える喜びなんだと思う。美顔器でのエステも勧められてるけどそちらは商売だって知っている。そのお方の大切な仕事だね。うん、ありがとう。だけどね・・・自分の身体の中が納得しないと「試す」事が出来ない。これまでのなかで唯一「自分の力で―月の癒し〈2〉」の書籍を勧めてくれた本のみが、体現した事だから。

切迫流産→切迫早産長期入院→出産予定日一週間過ぎても陣痛なしで陣痛促進剤3日投与→効かず、帝王切開の手術が決まった前夜に産まれてきた、長女の出産経験から。そう、忘れもしない満月だったのだ。月のリズムで女性の血は満ち引きしているという感覚は、次女の出産で完璧に体得できた。あの感覚まで身体が納得しなければ・・・今も、喘息治療はこれが最善とは思ってないけれど、10年後の身体の為より今日この日を満身創痍で挑む身体である為の選択だ。後悔はしない。

 

グダグダ書いたけど、息が健全に吸えるってとても幸せな事だ。

走ってるだけじゃダメだ、と昨日書いたがだからと言って走らない訳にはいかない。だから30分だけ時速20km前後にペースダウン気を配って丁寧に走った。そろそろ貧血注意の生理もくるので下半身のマッサージと。

気持ちは、アスリートだよ。

できる事少ないけどさ・・。

体力が勝負で、もう倒れられない。昨年末の入院は、農業の実家も休業の冬季だったから助けて貰えたが今は繁忙期だ。自分が倒れたら家のことはアウトだ。そもそも、仕事は変われる業務ではない。すっぽり穴を開けるか、待っていただくかの二択になってしまう。又は、もっと元気で若いデザイナーに回るか。敢えて自虐的に言うがデザイナーなんて、石の数ほど居る。拾ってから磨く方法だって企業は自由に選ぶ権利がある。

そもそも自分だって、磨いてる途中じゃんよ。

 

希望的ネタを最後に。

ヨーグルトメーカーで(※)入り飲むヨーグルト試作中!

(※)商品名、企業にご迷惑かけるので伏せます。

これは、顧問先の仲間にお勧めされた。業務柄、我らは第一に健康で戦えなくてはならない。今は働き方改革って言うんだっけね。でも我々は「24時間戦えますか?!」ビジネスマン世代だもの。多少の無茶は自分の為さ。「(※)は風邪予防にもなるし、健康は腸内からだ!」と強くお勧めしたお方、自己管理が非常に長けているので見習わなければと思った。なので、こちらは素直にお勧めお試しなのだ。(それに継続するには(※)ちょっと高いし・・)

f:id:undy-yuu:20190422220807j:image

ブログ書いてる間でさっき、仕事の電話とメールで笑い過ぎて咳ついてしまった(何やってる)仲間が集まる、イベントの仕事も佳境に入っている。6月、7月の大きなイベント、8月は暫定、9・10月のイベントを成功させる為に体力が欲しいのですよ。年間スケジュールでは2月も固定なのでそこは健康死守せねば。

自分の力で―月の癒し〈2〉」食事編は全てをすることは大変だけど、もう一度意識しよう。自分の身体に会う食事を、適した時間に食べるだけで変わるのだから。特製飲むヨーグルトが完成するのは明日の朝。めっちゃ楽しみ!

 

Google軍は仕事の神アイテム!

今日は、仕事はメールチェックとGoogle Keepで今後の確認のみ。仕事メンバーで情報共有できるGoogleコンテンツ類は仕事に欠かせない見落としがちな自分には超助かりアイテム!制作物が五月雨に増えるので、今後の制作物名をナンバリングしてフォルダ毎に空ファイルを作成し、ドライブのフォルダ格納と同じ展開にしておいた。この一手間で、昨年の失敗を繰り返さない為に確実な先手をひとつ。 

予期せぬイレギュラーは、絶対に起こるのがイベント業務だ。経験浅い自分が本物件で役立つ為にすべき事は重々に自覚している。素直に助けてと言える仲間もいる。だが甘えは禁物なのも重々と承知している。

 

だが明日の自分にバトン渡して、今日は寝る。

本文紹介ほ書籍は以下です。

自分の力で―月の癒し〈2〉

自分の力で―月の癒し〈2〉

  • 作者: ヨハンナパウンガー,トーマスポッペ,Johanna Paungger,Thomas Poppe,小川捷子
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2001/08

 

入れてなかった風呂は・・

辛うじてシャワー入りました。