ÜNDYism

デザイン|子育て|成人喘息|日々雑感_φ( ' ' )

捨てたもの 、新たにしたもの

「それは依存というものよ」

本書でも、樹木希林さんの言葉でピシャリと言われていますけどね。なるほどなと思うところが多くて抜粋も出来なくて、どのように生きれば樹木希林さんのように達観できるかなと、言葉のシンプルさに憧れる訳です。

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

  • 作者: 樹木希林
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2019/01/28

 

捨てたもの 、

・【ほぼ日5年手帳】

昨年から2年目周期に入り痛感した。過去の自分に向き合うのが嫌だ。体裁綺麗に自分が死んでも読まれて大丈夫な日記なんて書けない。ならば、要らなかった。商品としては【ほぼ日】紙や綴じ方の拘り、非常に大好きです。

 

・【昨年までの服】

シーズン巡って春夏の衣を見たときに、ショートにして染めた髪には合わなかった。スカート類、オーバーサイズのワイドパンツなど捨てました。

 

新たにしたもの。

・【仕事用のペン】

ずっと【uni】のスタイルフィットを愛用。入れ替え芯は「MANDARIN ORANGE 0.28」「BROWN BLACK 0.28」「シャー芯シャー芯は0.5mmしかなくてこれが0.3mm出ると即買いすると思う。0.28mmの書き心地は一番。心機一転、本体は赤からシルバーに買い換えました。本体だけで1,000円するので、使えるのに買い換えるのには意味があった。よく見たら、赤の本体は傷だらけだった。今までありがとう。お疲れさま。 

f:id:undy-yuu:20190409232638j:image

・【自家用車】

前任の車が故障して廃車にしてから3年目の春。レンタカーの利用頻度や公共交通機関や急病時のタクシー代など、やはり大変だった。移動時間のロスが惜しいし、何よりレンタカーって返却時間や時間に縛られるのが不便になっていた。車で時間も買えた、納車を待つばかりである。それは後日に。

 

未来は、見ていない。

樹木希林さんの言葉を借りれば、人生に悔いがないかと言われれば悔いはないの。でも本当にないですか?と問われたら無限にやり残したと思えることだらけ。人間ってそうなのよと。【野望100】は一応まとめたけど、という程で執着してない(といえば、いい加減な・・)自己達成とか欲はなくて、日々をやり切れたと、ほんの少しやり切れなかった事柄を残して、明日に進めば今はそれでいい。今日も60分走った。走るという日々の契約を達成した先に、見えるものを見に行きたい。