ÜNDYism

デザインの仕事|シングル子育て|喘息改善|雑感_φ( ' ' )

樹木希林 120の遺言

f:id:undy-yuu:20190315111858j:image

子ども頃、

「老いる」ことは人生の下り坂でしかないと思っていました(生意気)

若さ=生きる醍醐味とさえ思っていて。子育てしながら、親として人として、子と共に生きている今は、

老いることこそ人生の醍醐味と思える。

 

死ぬのは、楽しみ。生き急ぐでもなく与えられた自分の「人生」を慎ましく生きて、死ぬ時は走馬灯のように人生の答えあわせを楽しみたい、その為に生きているとも。

 

f:id:undy-yuu:20190315111907j:image

樹木希林がオフィーリアになった宝島社の企業広告(2016年)当時、「死」を抱えた「生」の美しさ面白さのキャッチも凄くお気に入りだった。本の装丁となって手元にやって来た樹木希林・オフィーリア。

 

今良いなと思って読んでも、まだ自分は人生の若輩者だって思えた。孤独を楽しみながら、もっと人と関わって深まって生き歩みたいなと。

 

びっくりするような言葉、それをもっと体現したい。

引用は避けます。

読むべき本です。

 

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

  • 作者: 樹木希林
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2019/01/28