ÜNDYism

デザイン|子育て|成人喘息|日々雑感_φ( ' ' )

慎重に考えて発言を

今日、反省したこと。すごく。

自分が投じた言葉で、大切な子供を傷つけていたと知ったこと。酷く傷つけてごめんなさい。それを、指摘して教えてくれてありがとう。親とはいえ配慮すべきことがあることを学びました。「しっかりしているね」という意味だったのに、全く違う意味で伝わっていました...顔を見ないで会話できるLINEの注意すべき点は、自分が思う気持ちが相手の状況によって曲がって伝わること。バタバタと返事するのは本当ダメ。

 

 

日曜の遅い時間OAに躊躇いながら、睡眠やすべきことを調整して娘たちと観ている。ドラマ設定は確かにドラマのような非現実、のようでいて現実社会を見事に捉えていると思っている。狭しい社会に身を投じて削られながら生きていると言える。

 

「想像力を働かせて考えること」言葉一列に並べると簡単なことが、この現実社会で出来ていない、窮屈な筈なのに、麻痺するのか流された方が楽なのか...今日のOAでは、親世代として声を大にして伝えたかった「ナイフで刺すと、血が流れる、場合によっては命を落とすし奪う」件について伝導してくれたとさえ思えた。

 

 

 

言葉というのは、

よくよく考えて、

先の先まで想像して、

想像して想像して、

発しなければダメ。

 

嘘をつく人、誤魔化す人、

真実を伝えないことは不誠実。

良き所ばかり見せる身勝手さ。

でも全て暴露するのも身勝手。

だから、

 

慎重に考えて相手のことを。

これは自戒を込めて・・

この最近気づいたことです。

信じすぎてもダメなことを。

考え抜いた自分の足で立つこと。