memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

ただの記録

暫くは、部屋が定点観測の取るに足らない世捨て人みたいな、

ただの記録になるとは思う。

 

退院したら、少しは家事くらいと思っていたのに。

昨夜、夕食後に突然、心臓が痛くて痛くて、

身体の中で心臓が縦横バクバク苦しくて悶えてました。

痛くて悶えること1時間あまり...

 

その後、汗びっしょりなまま寝落ちました。朝まで。

想像以上に、ショックです。

日常復帰できるのだろうか。

徐々に点滴の負担から身体は戻るはず、そう信じる。

 

布団もかけずだったのに、

氷枕と布団が丁寧に身体に掛けられていて、

豆電球なまま。

娘たちがしてくれたんだなって思いました。

 

 

退院明けての月曜日、

娘たちは其々登校して行きました。

まだ心臓、少し歩くだけで動機がするので、

布団の上から「行ってらっしゃぁ〜い」って見送り...

情けないね。元気にならなくちゃ。

 

 

 

娘たちは、そんな母でも家にいてくれることが嬉しい様子で、

笑顔いっぱい 仲良く手伝い其々してくれます。

ありがとう。

 

f:id:undy-yuu:20181126101024j:image

昨夜の、次女がキッチンに立つ姿を隠し撮り。

長女は、掃除機かけてくれたり掃除を中心に。

 

すっごい幸せ。

子供たちの声がする日常。

 

近所に離れて一人暮らしする息子も、

無愛想なLINEから自分なり頑張ってんだろうな、

それがイチバンなので、母も頑張るわ。

 

いつもなら、焦るが...

焦るな自分。

 

昨日は、放置したままの作業デスク整頓、

ついでメーリングリストの整頓削除、

タスク別に煩雑に到来するメール整頓削除、

タスク別ドライブのデータ整理は今日するつもり。

 

ゆっくり...

ゆっくりで良いから...

 

時折、深呼吸して呼吸整えて、

心臓がバクバク行っては一休みしながら、

 

焦らず、

行きます。

 

というただの記録。

 

窓の外は、とっても晴天。

大好きな白樺の木が窓から見えます。

この白樺の木も、春には要注意の花粉...

と思いながら。

 

食事療法(要するに、食べられないもの)も多いみたいなので、

喘息と付き合うための取捨選択の整頓も、しておこう。

フルーツと、動物のいる生活も手放し準備が急ピッチで実は。

今は1日も早く元気になって、

お世話になった全てへお返ししなきゃ。

 

毎日欠かさなかった豆乳珈琲、

今朝つくってみて飲んだら美味しくない...

水筒のお湯が美味しいから良いや。