memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

アウトプット休憩

先月12日メモ残した「ほぼ日」ダーリンの言葉。

 じぶんのやっていることを、
 なんでも肯定してもらえると思うのはまちがいです。
 同時に、絶えず否定されることについて怖れながら、
 考えたり言ったりするというのもちがうでしょう。
 だれでもが、その両極の間のところにいるはずです。
 沈黙は金というのは、きっとほんとうです。
 価値あることは、ことばのなかには少ししかなくて、
 なにを、どうしてきたかのなかにあります。
 しかも、そのことについて、
 ほんとうに知っているのは本人だけだったりもします。

 ぼく自身が、毎日語りすぎることに疲れているのかも、
 休んだら止まる、ということを怖がっているのかなぁ。

 

今日のを置いておきます。

 

<けっこう弱い人間が、次々になにかすることによって、
 すこしずつ大人になっていく、そういうものだ。
 なにもしなかったら、「けっこう弱い」はずっと続く。>
 この、昨日書いたものの続きが書きたくなった。
 たいていの二十歳は、「けっこう弱い」。
 たった20年しか生きてないのだし、
 じぶんからなにかを生み出すこともないのだから、
 強くなる経験をしていないのだとも言える。

 (中略)

 じぶんからなにかを生み出す、だとか、
 強くなる経験だとかって、どういうことなのだろう。

(中略)

 いさかいごとに巻き込まれたり、それを仲裁することや、
 人に悪いことや卑怯なことをしてしまったことも、
 傷を負うかもしれないけれど、経験になっていく。
 思いがけないひどいことをされても、経験になる。
 見苦しいほどの恋愛も、失恋も、もちろん経験になる。
 結婚をすることも、それを続けることも経験だし、
 別れてしまうことも経験として重なっていく。
 こどもを生むこと、育てることも、当然経験だ。

 人と真剣に関わることは、すべてが強くなる経験だろう。
 「どうだ!」と自慢するようなことではないし、
 強くなることは人生の目的でもないのだけれど、
 強くなるほうが、じぶんにも人にも機会を増やせるかな。
 と、そのくらいのことなのかもしれないけどねー。

ほぼ日刊イトイ新聞

 

裏切りなのが不誠実なのかそれが常識なのか、

ただただナメられているだけなのか。

あの時の評価や感謝の言葉って何だったのだろうと。

先方にとっては小さな事な取るに足らない事も、

 

...これ以上は書けませんが。

...あぁまたかと唸っても今度は声も出ない。

 

 

アウトプットする人格をどうしたものか、と最近迷う。

母として、一個人として残す備忘録としては、

いま自分は一つの立場じゃなくなってしまい、

最近、取るに足らない備忘録すら残せないような日々で責任で。

 

 

ちょっと、アウトプット休みます。

 

 

「強くなることは人生の目的なんかじゃない」

「でも強くなる方が、自分にも人にも機会を増やせる」

...そうだねー。

 

くっそ、と思うのです。

自分にもね。

 

ただひとつ確かなのは、

このままじゃ諦めない。

 

ということと、

今の気持ちを大切に温めよう、ということ。

 

好きな言葉を置いていく、

しばらくはそれが精一杯かもしれません。

意気揚々と結果を語れるようになりたい、

それいつ?

 

f:id:undy-yuu:20171206221120j:plain