memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

不貞腐れっ

post.tv-asahi.co.jp

 

今すごくショックだ・・・

楽しみにしすぎていたのに、最終話見逃していたことを、仕事終えてさぁ〜寝ようかって時に思い出す始末。リアルタイムで観たかった!・・のに、本当自分は「テレビを観る」ことに相性が悪い。録画すればいいじゃん?なのに、録画に至るまでの為すべきことが自分の苦手な作業が多くて後回し。して後悔...

 

不貞腐れまま備忘録します。

仮眠しつつ久々の徹夜あけ。

つい先日、殴られるような言葉貰いました。要するに、今更もう貴方は変えられないんだからそのまま突き進んで欲しいって。没頭するあまり、それも力不足が故に人より膨大な時間を犠牲にして戻らない歳月を、今更贖罪してもダメだって。無駄だって。その人のこと、大切にしてきたつもりなのにその記憶すら、時の流れとともに忙殺されたらしい・・傷を癒すには遅すぎた。互いに為すべきことをしようと。淋しいとも違うこの形容し難い感情については考えても無駄なのかもしれない。だから止まらないって、決めた。大切にする、大切にされる、という行為と心理現象そのものについて、間違っていたとしか思えない。今更、イマサラそれが見えても解決しない。

 

さて・・・

観たかったな最終回。

しかしだ、これは先日かの人と書店へ行った時、「dele」原作書籍があって購読しようか迷ったのだが「原作を読んでから最終話を映像で観る流れにせよー」という御達しと思えなくも、ない。

自分は大好きな物語ほど、最終話を読めなかったり観れなかったり、最終節のみ読み残して半年ないし数年寝かす、という荒業をしている。

 

物語が完結するのは、嫌なんだよ。

完結しない限り、自分の脳内で物語は継続しているから。

結果「完結させない」物語が積年の蓄積と化してる始末。

 

バッドエンドとかハッピーエンドとか、

在り来たりはいらない。

だから原作をやはり、買います。

(いつ読むんだ!)

(もう寝ろ、、、)

 

dele (角川文庫)

dele (角川文庫)

 
dele2 (角川文庫)

dele2 (角川文庫)