memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

カリスマを追う

実はまだ、大きなイベント業務終えて日常帰還できずにいた。

意気がったものの、自分評価はゼロか100か、としたならば

マイナスだった。要するにダメだった。

 

体制立て直すにも、腰をやられて風邪でダウンしていた。

夕飯食べてから寝落ちて、滝のように汗をかいて起きて、

今ここ。

明日から、日常帰還しよう。

要するに、停滞した仕事に取り組もう。ほんとマズイ。

 

この先どうすべきか、漠然と逃げていたことに対峙して考えて残り余生の再設計をイメージしてみた。迷いなき一本の道は、もう憧れという領域を超えて人として惚れた、チームの長に付いて出来ることを成したい、成せる範囲を広げて行くことに捧げたいと思う自分がいた。

どこまで行こうか、どこまで行けるかは今見えなくてもいい。

男に生まれたかった、それも言い訳だよなと思って今の自分で、今の肉体で、思考で、行けるとこまで。走る為に、他のお仕事もキチンと燃焼していかなければ。生きる為に、要するに生活の為に。

 

ダメなところは反省点として抉り並べて我が身に刺しておき、必要なのはこれからのイメージ。先ずはすっかり落ち込んだ体力を戻すべく朝までまた寝て、汗かいて体内循環させて朝の光を浴びる頃には、日常帰還しよう。想いは、ただ胸に。

 

ただ胸に....

 

悔しい。

自分の出来なさが。

 

でももう止まらない。

 

f:id:undy-yuu:20180706011553j:image