memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

永遠は、信じてない。

かぐや姫の物語 [DVD]

日付変わって昨夜、高畑勲さん追悼な金曜ロードショーで「かぐや姫」が放映されていたので、観ました。途中、仕事で肝心な流れを観ることが出来ずに不完全燃焼なので、こちらはまた改めて時間がある時に振り返りたい。

手描きが優しくて、絵コンテ・アニメーションってこんなに柔らかかったのねと、水彩画の風景の淡さが幻想的で、今だからこそ新鮮だったな。

 

それで仕事の納品が遅れてしまい、

今ボソボソと終え、振り返りたいなと思ったことを残しておく。

乱暴なようだが、永遠は、信じてない。

人は、いつか死ぬ。

人は、いつか別れる。

情熱を注いで取り組んでいる仕事も、夢だったり、家族や愛情というものも、永遠の保証もなくて形が変わっていくもの。

 

「変わらないのは、絶対に変わっていくという事実だけ。」

 

以前、ほぼ日:ダーリンの言葉(糸井重里氏)が語ったこの言葉は誠にそうだよなと思うので、嬉しい時も意気揚々な時も、常に「そうではない時の引き出し」を思って生きるようにしている。

 

特に愛情ってやつはね。

永遠なんて見えないわけです。

 

だから、いい加減にやり過ごす、というのではなくて。

「いつか失う」「いつか変わる」という自戒を込めて日々物事に向かうのです。今この時の自分の思想すら、明日は変わるかもしれない。子供だって、成長すると同時に考えも心のありようも、変わる。家族の在り方も変化していく。

 

じゃぁ自分が老後、どうしようかと今云々考えるのも、絶対に変わる。

 

変わらないのは、永遠なんてなくて、

絶対に変わってしまうという事実だけ。

 

だから、今だけだと思うと途端に切なくて、

ワガママ言わずに守りに徹しようと思うのだ。

大人って辛い。

大人ぶっているだけだけど。

大切なひとや家族にはもう心配かけたくない。

 

 

 

かぐや姫を観て、少々、感傷してしまった。

せめて記憶だけは、忘れたくないと思う。

この先の別れがあろうとも。