memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

縁側的な日常

雪が舞って白い光が、輝いて射し込む窓辺で。

暖房の前の、特等席で寝トモダチの2匹。

子猫の小さい方2kgよりも、気づけば小さくなっているヘルニアわん子。今日も頑張って生きてますなり。添い寝してゴロゴロと。言葉がなくても通じるものがあるんだろうね。良かったね、わん子。

 

f:id:undy-yuu:20180105223747j:plain

f:id:undy-yuu:20180105223802j:plain

猫用の煮干しを犬猫と一緒にぼりぼり食べる。

(だって美味しいんだもん)

1匹撫でたら「次は自分!」て次々集まってくる猫たち。

膝の上で撫でつつ、まどろんでいたらば・・

縁側のおばあちゃんかい自分は。

まぁいいや。

絶対、おばあちゃんになっても猫はいる。

家猫の平均寿命が15歳前後として、その時わたし幾つよ。

誕生日まで、あと2日...あらぁ、結構なお歳だわ笑。

 

ヘルニアわん子の容態も少し安定してきたので、

仕事も切れ間ができたので、

明日はようやく初詣にでも行こうかしらと

それとも、験担ぎ?で明後日の誕生日に行こうかな。

 

歳とるなぁ、と思うよりは、

なんでしょうね。

開き直りかもね。

自分番号が更新していく感じで、

嬉しいも寂しいもない通過点で。

 

 

今日はただ駄文呟き写真更新、

だって、疲れたのよ今日は〜

明日の私よ、よろしく。

(と、毎日言う、すまぬ)