memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

デザインの現場は③

f:id:undy-yuu:20171220195546j:image

昨日今日と、某地区センター・某老人福祉センター現場同行でしたのでデザイン的雑感を記録しておきます。

イラスト描いたりデザインさせていただいたものが現場でどう使われ、配布されるかを学び、次の資料作成に活かしたく。本来ならば、正式な指導員や職員関係者の方しか出入りできない現場で、ひとつひとつ、経験から吸収したいと思うばかり。

担当者は、毎回違う現場で場数を踏んでおるのに名前や顔を覚えていて、自分苦手だからですが感心するばかり。「忘れない」ということは相手方の立場になった時に喜ばしいこと。仕事の基本ながら重要だよなと毎度思う。自分も、現場ではデザイナーという看板は下ろして、スタッフとして現場の声を聞いたり説明出来るようにお話しさせていただく。会話ひとつ、表情ひとつから多くの情報を得て現場、めっちゃ楽しい。

 

現場で出た要望を拾い、収拾してデザイン現場へ持ち帰る。

情報を見易く整えたりするだけで、情報の伝わり方って全く違うことを、今更学び直すわけである。現場へ赴くと、感謝すらします。その笑顔、有難いです。皆さん、とってもいい笑顔しています。

 

カラーデザインを学んでから意識していることは、自分なり視点ですが参加者の服装やバッグなどのカラーから嗜好性を読み解くこと。無難そうな服を選んでいる方は何故無難なカラーを選択するのか?センスの良し悪しファッションチェックなど野暮ではなくて、心の状態がカラーに出ることは先のカラーデザイン講習から学んだこと。

服装は?髪型は?そのような分析も、場数だよなと思いながらデザインの現場で吸収できることは何でも貪欲に、と思う次第です。

 

一生、勉強だよなぁ...。

カラーデザインの勉強は引き続き進めます。

次の結果を挑戦したい。(ハードルは高い)

 

 

f:id:undy-yuu:20171220194451j:image

現場終えてすぐ、兼ねてより痺れっぱなしの右腕治療へ。

鍼治療2回目。もう長年ガマンしながら放置していたために右上半身の状態が最悪らしく。根気よく治して行こうと思う...右手の薬指と小指から右肘〜右肩にかけての痺れ。帯状疱疹を放置して治療できなかったしっぺ返しがジワジワと、産後しっかり床に休まず動いてきた無茶だったり昔を悔やんでももう仕方ない。自分の身体なのに大事にしてこなかった、猛省してきちんとしよう...。

幸いにも、安心して身体を預けられる良い先生であるので、健康にきちんと向き合い改善する努力を自らに課すことで、安心して歳を取れるなって思えるよ。 

 

かなり心配事が増している側面もあるのだが、できる目の前のことを精一杯やることに変わりはない。師走終えるまで後10日しかない。「10日もあるじゃん!」って楽観的になれないけれど、現場の笑顔を思い出して、しっかりやって行こうと思う。

 

自分の身体は自分しか守れないので、めっちゃ大切にしよう!

本当に、そう思いますなり。

 

本日備忘録はここまで。

 

来年のデザインの現場は、色濃く多彩になって行く。

ここまで来たなと、振り返られる年の瀬へ向かおう。