ÜNDYism

デザインの仕事|シングル子育て|喘息改善|雑感_φ( ' ' )

デザインの現場は①

今日は、現場同行でした。

イラスト描いたりデザインさせていただいたものが現場でどう使われ、配布されるか。次の資料を作成する上で写真や原稿だけでは見えなかったことばかり...、結果とても有意義で学び多き時間でした。

 

f:id:undy-yuu:20171206215144j:plain

※パンフレットイラスト抜粋

 

大枠でいうと、高齢者が将来暮らしやすい地域包括ケアシステムのモデルケースとなる「介護予防コンテンツ」に、デザイン制作の立場で携わらせていただいてます。既出がないモデルであることも魅力のひとつですが、何よりもこれからの高齢化社会に向けて、医療介護の手前でできることがたくさんあるということ。お集まりいただいた高齢者の方々の元気さとその間に訴える不調を実際見聞きして、そして笑顔で話させていただいて、私こそ元気をもらいました。

 

作った配布物イラストを自宅で見返しながら、体操やストレッチをしているのだろうか。読みにくいところはないだろうか、当初の狙い通り簡潔でわかりやすく・掲示して見返しやすいサイズ感になっているだろうか?

 

f:id:undy-yuu:20171206220241j:plain

デザインの始まるところ、と終わるところだけを見ていたらダメだと思う。と言うか、現場めっちゃ楽しい。考えるよりも肌で感じることができて、快く何でもチャレンジさせてくれる担当に感謝です...。たくさん失敗もするし、ごめんなさいという事も正直あるのだけど^^;仕事は冒険だもの!

 

そのような攻めるチャレンジをこれからもしていきます。

デザインの現場は、次回も同行するので本日はここまで。

 

 

 

 

そうそう、

今日の午前中「ほぼ日5年手帳」が届きました。 

f:id:undy-yuu:20171206221015j:imagef:id:undy-yuu:20171206221036j:imagef:id:undy-yuu:20171206221048j:imagef:id:undy-yuu:20171206221120j:image

ほぼ日ストアの箱に、言葉のプレゼントが印字されていました。

 

何か「応急処置」のようなものばかりを、

欲しがってはいないかね?

たったの1年でさえ、365日もあるのに。

『セフティ・マッチ氏の神話』より

 

どんな記録も足枷になる駄文散文になるから、

「日記なんて大嫌い!」だったけど今は違う。

5年後の自分に届けなきゃ。

 

 

残念なことに、過去の失敗や判断誤っての後悔は消せない。

めっちゃあの時の自分に、言いたいことがある。

あんた間違ってるって。逃げてるって。

 

もう逃げない。

逃げずに、ほぼ日に記せる日々を重ねていくよ。