memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

拝啓、無事でしょうか。

福岡のクライアントさんから、連絡が来なくて心配である...。納品済ませたし作業前にいつも先納金の方なので心配とはそのようなことではなく、ライフラインは無事なのか、そもそもお身体が大丈夫なのかと言う心配である。かといって混乱であろう時にメールなど野暮なので「いつもありがとうございます!」の元気メールを、心配しながら待っている。

 

 

 

今日は午前中は、区P連の交流研修で「災害が起きたときの子供の安全の確保について」をテーマにディスカッションして来たのだが、北海道では珍しい湿度の高い真夏日が続く異常気象さがリアルな中、自然災害の猛威が身近になってしまったと、皆が我身として意見交換した場であった。(テーマのまとめは自己完結済みなので割愛)

 

何が言いたいのかと言うと、

近い将来も、遠い将来も、保証など何も確約されていないんだと。金や備蓄の備えがあったとしても絶対などないし、天災を偶然回避したとしても、病気や事故、現代ならテロや戦争、地球温暖化に伴う環境と経済の不穏因子など、人生を阻むこと挙げたらキリがない。 

 

平和に無事に、

自分の人生を愉しみ謳歌するって、

実はとても奇跡的なことなのかも。

 

この近々の出来事でそのような思いが強まったのもあって、もう遠慮したり「ダメだったらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」といった考え自体が勿体無い足踏みだよ、玉砕してもいいから、毎日をより正直に生きようかなと、思ったりした今日である。

 

ちょっと曖昧記述だけど、

先の自分のために残す備忘録の今日は今年で一番、ひょっとしたら人生で一番大きな転機をさらっと超えました。自分にびっくり。

 

「出来ないかもしれない」と言うことも仕事に思わない。「かもしれない」を埋めるためにはリカバリーあるのみ。今は、不安よりも楽しみが大きいので心臓もいい塩梅で剛毛が生えて来たのかな〜〜

 

 

f:id:undy-yuu:20170711232646p:plain

f:id:undy-yuu:20170711232703p:plain

バツが多いのは載せない^^;

 

今は涼しい夜の、日付境界線をまたぐ時。

もう少し、進めて今日はきちんと寝ます。

明日は模擬テスト!目標は先ず、前回より点をあげなきゃ〜

よく問題を読んで、ケアレスミスだけでもゼロで行きたく。