memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

家郷(パトリ)-1-

やってみれば、コトは簡単だったのかもしれないー。

あたしは一瞬振り返り、肩越しに「家」を見て微笑んだ。

歩を進める足にはもう迷いはなかった。

真っ直ぐ一本道を、東へ歩いて行った。

 

右も左も見渡せば、収穫後の土くれたビート畑ばかりだ。

畑の彼方より東西南北、ぐるりと山々が囲う平凡な景色。

 

・・・どうせ、逃げる場所なんてないのに。

・・・でももう戻るもんか。

 

今日限り、「家」から出てやる。

 

 

f:id:undy-yuu:20170615225706j:plain

 

 

少し傾いた陽光が、紅葉の山肌をオレンジ色に染めていく。

ゆっくりと撫でるように、空ごとオレンジ色に染め上げる。

 

あたしは、オレンジ色を背中に受けながら東へ、東へ、

空が濃く深くなる方へと更に強く、歩を進めた。

 

「これが家出、なのか。」

 

ちらりと振り返って、小さくなった「家」の窓を確認した。

あの部屋の窓からは、小学校が見える。

仮病を使って学校を休んだ日は、部屋の窓からただぼんやりと校舎の窓を眺めたりなどしたっけ。満月の夜には、月の光が部屋の中央まで垂れてきて、部屋の隅に潜む闇がただ怖かった。

 

・・・もう、「家」に帰るコトはないんだ。

 

何も考えたくないのに、まだグルグルと頭の中を迷った。

 

・・・でも、どこへ行こう。

 

家を飛び出したのは発作的だった。

せめて小銭かき集めて財布ぐらい、持ってこればよかった。

ポケットを探ると、いつ入れたか知れない飴の袋がひとつ、指に触れた。

 

ひとつ、後悔している。

犬のロキを、連れて来るべきだった。

あの子はあたしと同じで、あたしだけしかいないのに。

ロキ、サヨナラも言えなかったなんて。

 

どくん、と心臓が鳴った。

「どうしよう・・・。」

 

一瞬、戻ろうか迷って。立ち竦む。

そうして、ぼうっと突っ立っていると、道の向こうから、見覚えのある小さな白い車がこちらに向かって走って来る。あの車は、たまに遊びに来てくれる親戚のお姉ちゃんだ!無邪気に笑って、お姉ちゃんは車の窓から声かけてきて「シュークリーム好きでしょ?お土産買ってきたよ、食べない?」そう言うとお姉ちゃん、真っ直ぐ後方の「家」へ向かって車を走らせた。

あたしは、ぱちん、と両手で頬を叩いた。

 

 

うん!家出は、また今度にする!

 

お姉ちゃんの車を追いかけて走りながら、心はどこか晴れていた。

・・・シュークリームに負けた。

・・・でも今日はもう良いんだ。

 

走るあたしの頬は西陽のオレンジ色を受けて、

オレンジ色の涙がひとつぶ、

弾けて後ろに飛んで行った。

 

帰ろう、今日はロキの待つ「家」へ。

 

 

 

続く。

 

※ボツ原稿の掘り起こし。リライト練習記録用。