memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

秘めても宝に成らず。

デザインに長く関わってきたしこの先長くデザインに関わるのに、自分の好みや経験だけの視野では限界があると思った。去る2月の東京行って以降から、それは顕著に感じるように。自分の視野を広げてみて、そういう追い風がツキ(仕事)を運ぶのか、トントン拍子に忙しくて(こなしきれなくて...)

 

悩む時間を、短縮したい。

デザインヒストリーを効果的にプレゼンしたいし、自信つけたく。

今日から始まった「カラーデザイン検定講習」所感を残しておく。

 

講師は、美しく可愛くという第一印象。期待し過ぎず自分で頑張るべきと向かったのだが嬉しい誤算で、講師はプロであった。柔らかい口調でスタートした冒頭のワークでいきなり「的確だ...!」と悶絶する巧みさだった。具体的には、きっとその手法は「打ち手」であるはずだから言及は避けるが、イラストならある程度得意だと思っていた自分が頭真っ白で制限時間に何も、描けなかった。と同時に「ついていこうぞ...」と武士魂が(多分は先祖の血が)感服したのである!

 

楽しく学べそうだという。しかし過去問題をチェックすると、大学時代に学んだことなんて化石だった。忘れているし知らない単語もある。短期集中で7月末の資格取得を目指す。不合格だったらって秘めておく逃げ道は作らない。

 

いつも拝読している編集長のブログより自分も体感したこと引用させていただきます。

waterman.hatenablog.jp

 

「追い風は、自分で起こせる」by編集長

 

2月に東京行った後、追随するように仕事や人との交流の追い風を感じたように、今日もこの歳で資格取得の夜間講習など始めたその時に、新規の仕事が舞い込む。正確には、前回納品物が好評だったから新シリーズということなのだが、あああありがたい。

 

それにしても、時間との勝負かな...。

もう、詰め込めないよ。(キャパが狭いから)

でも、やるよ。描くの好きだもん。

 

仕事していて、斜に構えても正直なところ「評価の言葉」を頂けるのが何より嬉しい。(そりゃ作業報酬は勿論嬉しいですよ!)

その、ちょこっと褒めてくれる。それだけで、無い尻尾振って描くんです。作るんです。頑張れちゃうんです。

 

ただもう...、今日は電池切れになりそう。

盛大に汚い台所の洗い物したら、もうダウンしそう。でも子供たち、夕飯つくって犬猫の餌やり留守番は本当にありがとうだよ!帰宅したら娘たち、母の机をスケッチしていた。なんだかスケッチ大会して母の帰りを待とうってなったんだって(笑)

 

次女が作ってくれたウインナー焼き、三温糖の卵焼き、鶏肉とキャベツの蒸し焼き美味しかった沁みた。本当は、ハヤシライスでも作っておこうと思ったのに時間なくてゴメンよ。

 

f:id:undy-yuu:20170508235144p:plain

※次女のスケッチ、母のデスク(散らかってるぅ!)帰宅時刻は21:45分だったんだね。

※おしゃべりに忙しい長女のは、完成せず。というかオニギリ作って食べ始めてた(笑)

 

さー。

日付境界線が見えてきた。

どんなに遅くても、後一時間半が勝負。

さっさと食器洗って今日出来なかったことはまたも明日の私にバトンパスして、今日ひとコマ進む。とにかく、進んだってば。