memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

描く存在証明

SiMというバンドが大好き。

「一生に一度の」と公言した武道館ライブも行けたけれど、、

心残りは、物販販売には間に合わなくてリストバンドすら買えなかったこと。

今でも、関連ライブにSiM武道館Tシャツ着ている人見かけたら恨めしいや。

 

今年は横浜DEAD POP FESTIVAL行こう!とチケット取れましたが、

これまでイチバンの大仕事イベントとばっちり日程が重なった...。

SiMよさらば。諦めではない、迷いなし悔いなし。

とはいえ、ワンマンライブは敢行済み^^♪

体調不良の我が身をウオッシュピットに捧げてきました!

暫くはこの満足の余韻をキープして生きます。

 

SiMの好きな理由は、SiMのMAHの倫理観ベースから形成される歌詞。

音楽のルーツやエグい過去の決意なんかも凄い魅力的なんだけど、

自分の文章力じゃ語るなんて勿体無いから、最新貼り付けで精一杯。


今は、

思いっきり仕事を楽しもうと思う。

まだ公にできないのだが、追々に結果も報告できるように。

 

そう思いながら、SiM熱の自由スケッチ。

まだ全然描き始めだけれど...

著作権に抵触するので、

譲渡したイラストは殆どHPにも掲載NG。

でも改めて自分が本当に好きだって絵は、まだ描けてない。

掲載するほどでもなかったという自分の足跡。あーぁ。

これから腐っても描くからいーんだ。

f:id:undy-yuu:20170425233614j:plain

 

 

何でかな...苦笑

ファンならご存知、ゴリさんを先に描き込んでる^^;

メンバーも皆仲良しで、大好き。

 

歌詞の意味や、アートワークも手がけるMAHのブレないセンスは安定。ビジュアルロッカー!ってスカした感じがなくて、人としては気配りの人だったりして、ライブに行けば年齢層が幅広く。ライブのフリートークにて、ゴリさん抜き打ち世代コールは10代のお子さんから!60代まで挙手がありました!高齢層にも魅了されるのは、MAHの音楽ルーツが関係するセンスなのでしょう。ライブには暗黙のルールがあって、お互いマナーがあるのは潜在的にSiM好き仲間だから。

ライブを一歩出れば、其々の日常に戻る。

ライブ音楽には、そんな麻薬性がある。

 

 

時間を見つけて、リセットスケッチ。

ちょっと続けてみようと思う。

描くことは存在証明。

「もう描き切った」って思ったらEND。