memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

ゴロニャン猫生活

記録によると25日前に、猫が家族に加わりました。

猫のいる生活が日常の風景となり、思うことなど。


f:id:undy-yuu:20170406230352j:plain

 

お気に入り特等席は、二段ベッド上の部屋の入口側。

だから通りざまに、視線の高さが合う。

ナデナデしてみる。

ゴロニャンされる。

ナデナデ続ける、

あれ...この感じ。

 

撫でているはずなのに、目尻がニャァァって細くなって、猫のふわふわした触り心地と喉のゴロゴロした声聞いているうちに、自分が猫に撫でてもらっているような癒されている感がある。一日に何度も、そういう交流をしていることが日常となった。

 

イチバン気を遣ったのは、先住者であるワン子たちの心情。ヤキモチ焼いてストレスにならないように。子供達はどちらかといえば猫派なので、ずっと猫が飼いたい!って熱望されていた。でも命をキチンと育てるのには優先順位があり、出来ることと出来ないことがある。老齢ワン子に全介護のヘルニアワン子が2匹揃っているうちは、ダメだって思っていたんだけどね。

いざ猫たちを家族に迎えて見たら、改めてワン子たちの賢さだったり、飼い主に対して従順であることが愛しくて見直した。猫は猫の、犬は犬の可愛さがある。そこを比較しながら共存できること家族できること、癒してくれてありがとう。

 

※猫が来た日の記録。

 

子供達は、猫と寝る。

私は、犬たちと寝る。

かけがえのない幸せも更新しています。