読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

夜手前の帰路にて

椅子に根っこが生える間際な夕刻、

突発の仕事滑り込み納品セーフ!

窓の外は、夜を連れてきた藍色の空が広がる・・どうしようか。出かける予定だったのに、随分遅くなってしまった。どすっぴんの顔そのままでコートを羽織って出る。

 

風雪が威張って、無慈悲に頬を吹き付けてくる。春の扉は開かないし、夕刻から夜は特に冷え込む、雨交じり雪が路面を凍らせ、ぐじぐじと歩く。おぉ、寒いよ!

 

目的は、長男の誕生日プレゼントのため。娘たちが毎月楽しみにしている「ちゃお」「なかよし」雑誌の発売日だから。「お願いね!片付けておくから!犬たちにご飯、上げておくから!」嬉々として見送る娘たちの顔を思い出しつつ。

 

最寄りのショッピングセンターに着く。自転車の陳列が増えていた。春もうすぐだなぁ、自転車の整備もしなきゃなぁと見やって、書店で目的の本を購入。若い女性の店員さん、凄く丁寧に紙袋2枚重ねて、娘たちの雑誌を丁寧に仕舞ってくれたの嬉しかった。いつもの人は、ビニルのショップ袋に詰め込むのだが、付録もかさ張る2冊分の雑誌は重く、ビニルの持ち手が千切れそうになるのだよ。ほんの少しだけの配慮なんだけど、紙袋ありがたい。これが、販売のプロだねぇ。

 

壺屋のケーキ屋前を通り過ぎて、気づく。

今日、ひな祭りじゃん!!!

やっぱりこの数日バタバタしていて、玄関飾りを変えようかと思ったのも一瞬のうちに忘れ去っていた。もう、ケーキも売れ切れている・・・どうしよ。何か娘どもに「女の子的幸せ」なお土産を、買いたい。

 

結局、向かいのDONGURIでイチゴワッフルケーキを買う。自分も都合良い時に女子祭り的なスイーツを・・・と思ったがやめた。そのぶん、イチゴを買って帰ろう。たっぷりイチゴを添えてやろう。

 

f:id:undy-yuu:20170303222846j:plain

f:id:undy-yuu:20170303222907j:plain

 

 

風がほんの少し緩くなっていて、

雪道を踏み歩きながら、思った。

 

「あぁ、幸せだなぁ」って。

 

雑誌とイチゴスイーツの入った紙袋と、

ワン子たちのトイレシーツ1ヶ月分を、

両手に抱えて帰る幸せ。

娘たちは笑顔で待っていて、

ワン子も尻尾千切れんばかりで甘えてくる。

それを思うと、

帰り道、

染みるように幸せだった。

 

長男は、本日もバイト。

笑顔で待とう。