読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

挨拶の気持ちよさ

登校時交通安全指導に行ってきました。

とは言え、居住は学校区の本当に端っこなので、見送る交差点での小学生は、娘たち2人の他に4人という少なさ。向かいが中学校なので、中学生の見送りの方が圧倒的に多かったのです。細かい雪が休みなく降り敷く、一段と冷え込む朝でした。小学生の女の子、タイツだけに夏靴で寒くないのかな?とか心配したり、黙々と寒さに耐えて登校する子供たち・・・

 

「おはようございます!」

 

パッと顔をこちらに向けて、キリッとした笑顔で挨拶してきた中学生少年。向日葵を一瞬見たような爽やかさ。あっ、渋々挨拶していた自分を少し恥じました・・。

顔見て、きっちり挨拶出来る子。基本的なことだけど素晴らしいなと思いました。

 

「寒いのに、ご苦労様」

そう話しかけてくれた老婦人も、人の心配や労いを声掛け出来ることって暖かいことだよなと思ったり。

 

小学校一人一役の係活動は、交通安全指導を夏と冬の2回立って終了となりました。参加するのは調整が必要で大変だけれど、終わってみたら自分が学ぶことが多かったと思うのがPTA活動です。

 

 

本日お気に入りの本は、長男が買ってきた本。Twitterで私もたまにチェックして楽しんでいましたが、本になると写真やエピソードも加わって猫好きにはたまりませぬ。飼い主とぽんたの絶妙な関係性と、鴻池剛さんの味のあるイラストがツボにくる本。

f:id:undy-yuu:20170119092506p:plain

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

 

「猫、飼いたいねぇ・・・」

少し前から、そのように話はしています。今は全介護のワン子と老犬ワン子がいるので、これ以上は難しいと思いながら。次に飼うとしたら、保健所や里親募集で見つけようとは子供たちと話しています。

また、ハムスターも飼いたい。モルモットも飼いたい。インコも飼いたい。命が儚くて小動物は辛いです。子供たちはモルモット、猫の死を経験し見送っています。

 

だからね、命を育てることは簡単には出来ません。

でも猫は、やっぱりいつか家族にすると思います。