読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum

逆さま思考な備忘録_φ(゚∀゚ )

ぼくを探しに

備忘録本

歳とる誕生日が嫌いだった時期がありました。

でも、仕事しやすい歳になったと感じてから、

誕生日はカレンダーの1コマだって思うようになりました。

 

努力しても、若年の経験値と心では舐められてしまい、

舐められないよう虚勢を張り自分らしさを見失ったり。

心の中身はあんまり成長していないのですが(苦笑)

仕事は歳と共にスムーズに進むようになってきました〜

 

今朝、サプライズでプレゼントが届きました。

仕事で互いの人生奮闘を応援し合う同志になっている人です。

いつも通りに過ごそうと思っていたのに、

今日という日にカラフルな色がつきました。

 

ありがとう。

 f:id:undy-yuu:20170107095657j:plain
 
 
本日備忘録・好きなものは決めてました。
 
「ぼくを探しに
/シルヴァスタイン作 倉橋由美子
 
この本との出逢いは、鮮明に覚えています。
中学1年の昼休みに、友達が「絶対好きな本があるから来て!」とグイグイ腕を掴まれて図書室に連れて行かれて見せてくれた、図書室の新書でした。その子とは保育園時代から一緒で、本や漫画をネタに絵を描いたりと当時好きなものはお互い熟知していました。シンプルな絵に込められたメッセージに衝撃を受け、その時から「好きな本の収集」が始まりました。
 
新装 ぼくを探しに
 
一部抜粋しては、この本の良さ伝えきれない。
悩んだ挙句、本文紹介は止めることにします。
 
この本は、
欠けた自分の”かけら”を探しに行く物語です。
苦労して長い旅をして、
ついに見つけたかけらを落としたり壊したり、
やっとぴったりくる”かけら”に出逢ったのに・・・
 
”かけら”をそっと置いて、
また、旅に出かけるのです。
 
そのような道を選んだつもりはないのですが、
自分の生き方に、すごく似ています。
 
きっとずっと死ぬまで、
”かけら”を探して行くんだと思います。