ÜNDYism

デザイン|子育て|成人喘息|日々雑感_φ( ' ' )

音楽|映画|TV

ターシャに魅せられて

【ターシャ・テューダーの座右の銘】「人は自分が置かれている立場を、すぐ状況のせいにするけれど、この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、見つからなかったら創り出す人である。」/ジョージ・バーナード・ショー わたしの絵を…

SiMとTAT

SiM - THE KiNG (live footage from DVD "DEAD MAN WALKiNG -LiVE at YOKOHAMA ARENA-") MAHさん結婚おめでとうございます! 発表公開と同時にYahoo!ニュースになったので本当もうビッグバンドだなぁ...と思ったのでした。それにしても、悪魔が天使と結婚っ…

枯渇を埋める音楽

一目惚れしたのである。 ボーカルの名前はアンディ!!! SiMワンマンライブを一ヶ月後に控えて、ちょっと浮気心・・・アンディのスタイルがストライクなんだよね。自分は、ファッションはシンプルだし人柄も優しい(って、周りが言うのよ!念のため)だから…

日常の恋愛雑記帳

5年生の長女は下校後、頬染めて1センチほど足元が浮いている(ように、見えるんだよ)彼女は、ずっとクラスが変わっても一途に恋をしている。実は好きな子が自分ではない女の子を好きだと知っていても、自分を好きだと告白してくれる男子がいても。登下校…

だからMAHが好きだ

※SiMボーカルMAHのTwitterより ※ツイート元報道は、こちらですね。 「助けて」って子供の切実な気持ちを裏切る形で、大人社会の拳に殴られた男子生徒は、もうこの先何を誰を信じていけば良いのか?少年の傷んだ心を思うと、同じ大人として謝りたくなる。ごめ…

TAT'17 スタート!

今年のライブ初めでした。 実は体調がイマイチで、仕事も思うような段取りでこの数日進まず、ギリギリまで気持ちが入らず滅入っていました。でもライブが始まった途端、貧血や腹痛も忘れるほど夢中に駆け抜けた3時間半でした。 tripleaxetour.com TATツアー…

守る嘘なら敢行すべし

日付が変わって月曜日。 長男の高校も始業式、と共に弁当作りの朝が始まるよ・・寝る前に弁当の仕込みをして目覚ましで6時に起きる朝が始まるよぅ・・まだ北海道の冬は寒いし朝は暗いので、早く春分の日をまたいでしまいたいです。娘たちの始業式は18日から…

宮崎駿の細胞になりたい

雑音もなく、年末年始は心シャットダウン 独りでじっくり向き合って観ました。 宮崎駿ロスから胸に風穴が吹き荒れたまま、 「十分もう楽しませてくれたから」という、 好きを超えてもう宮崎さん好きなことして欲しいから・・ まさかの復活宣言!が嬉しくて泣…

君が欲しいDENON。

人生がひっくり返るような出逢いがありました。 その衝撃と衝動は、 SiMの「KiLLiNG ME」に遭遇した時にも近い。 SiMを知ってから、 これまで聴いていた全ての音楽が退屈になり、 ライブで生音源とパフォーマンスを聴くのが喜び。 それまでの飢えを癒すのが…

公言したもの勝ち

自分がしたいこと、叶えたいこと、夢などは内に秘めたるもので公言するのは恥ずかしいことだって思ってた。でも最近は違う。自分の行く先が先細りになってしまい、開き直って「やるんだ!」「やり通すんだ!」って逃げ場を自分で失くして公言したら、ぽつぽ…

ロスからまた恋

また、鈴木さんとの共作が観られるのだ!という宮崎駿さん復帰の報道に、実は、こっそり嬉し泣きしたのである。「何もやってないで死ぬよりも、やっている最中に死ぬほうがまだまし。」と宮崎さんらしいコメント。手描きにこだわる宮崎さんが、タブレットに…

ファンは姿勢から

〜新海誠旋風が脳内に吹き荒れている〜 因みに長男(以下:ビオレの男)は、同人誌を出していた頃からもうずっと新海誠さんのファンだ。風景描写が天才だと熱弁していたな、もうずっと前から^^; 「君の名は。」で第二の宮崎駿と謳われ、遅まきながら興味を抱…

ダメじゃん、生活習慣。

前回よりその後、結局点滴となりぶっ倒れ・・笑えなかった。 療養の中、完読した「気力より体力」 気力より体力 一流のコンディションを手に入れる 作者: 吉越浩一郎 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2016/08/05 メディア: Kindle版 この商品…

本気のユーモア渇望!

子どもの頃、ふざけたら親に怒られたことは一度ならずあるのでは? 大人になると、職場でふざけることは勿論ダメ。仕事でふざけることは論外。家族、友達とハメ外す程度でマナーとして公共の迷惑にならないように。そんな制約があり(なければ、社会秩序崩壊…

心の本棚

ジブリの本棚 [DVD] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2011/06/03 メディア: DVD クリック: 6回 この商品を含むブログ (5件) を見る 週末に仕事の資料として、 改めてジブリ作品の「借りぐらしのアリエッテイ」を鑑賞し、 …