ÜNDYism

デザイン|子育て|成人喘息|日々雑感_φ( ' ' )

備忘録本

才能の測定③

予約投稿です。 ここまできたら、完結するまで残り3つの特質(強み)について置いていこうと思います... 1. 内省 2. 収集心 3. 未来志向 4. 信念 5. 責任感 昨日までは、【1.内省】【2.収集心】についてレポートを置いておきました。 【3.未来志向】につい…

最良な記念日に

昨日の続きです。自分の上位5つの資質について 1. 内省 2. 収集心 3. 未来志向 4. 信念 5. 責任感 【2.収集心】についてのレポートが以下。コピペ長いので興味がない方は読まずにスルーしても。この雑多な「逆さま思考備忘録」に辿り着いて頂き読んでくださ…

才能の測定について

アウトプットを休み。インプットに徹していましたが、脳内の均衡が乱れてきました。 初めて自分を客観視することに成功した以下の本についてと、分析の結果について今日は一部記述することにします。 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・フ…

やさぐれと希望

先日入用で紀伊国屋書店へ足を運ぶ事になった朝に、ニッポン手仕事図鑑のボスが勧めていた以下の記事と本について発見、躊躇うことなく「今日はこれを買おう」と。 www.fnn.jp 新しい本・新しい情報を仕入れる時に内容や著者は勿論基準にして選ぶのだけれど…

サン・チャイルドの悲劇

www.asahi.com 撤去されますか・・190万円ですか。 設置に関して賛否が炎上した頃から、静観してました。 私は、福島の当事者になくても、容易に想像はつきました。これが希望のシンボルにはならないだろうと・・むしろ不快さの方が際立ち、目の当たりにして…

日本は44.9%

昨日から、小学校新学期スタートです。 登校するまで朝は、不安そうで次女はいつも学校行きたくなさそう。でも下校するや否や「友達と遊びに行ってくる!」と飛び出して行った。よしよし。 学校便り新学期号: 教務主任の挨拶文が至極真っ当で備忘録します。…

盆の本質と考察

短いながら実家の帰省で、考えないよう忘れていたことを振り返る瞬間が否応にも生じているので、ここは素直に気になる記事を備忘録しておく。 死生観とか、遺言や遺産について、生前葬の賛否両論については、今から考えても早くないと思う。むしろ、子供がい…

朝仕事のススメ

最近、朝方です。 夜中に眠い目こすりながら回らない頭で今日終わらなかったタスクに向かって唸るより...朝を迎えた清々しい窓を迎えたデスクで、社会が動き出す10時までにクリアすれば何とかなる。そう思って、無理に夜更かししないで仕事残しても、寝るよ…

神よ仏よ

8月12日の哲学: 「人間は 自由の罪に処せられている」/J-P・サルトル『実存主義とは何か』 何でも選べると言う自由は、「選んだ後の責任は自分で取らないといけない」と言う責任と表裏一体だ。選んだ時点で責任は発生する。そして、その責任を全て自分で…

I made a mistake.

何って・・ とある企業に、とある原稿の為の社長挨拶文と写真素材のお願いをしたところ、何をトチ狂ったのか一発目メールを社長ご本人宛に送ってしまいました(それもかなり大企業だ)担当者に送るはずが...、慌てて担当者にも送りましたが後の祭りさ! あー…

至上な日曜日記念

仕事の電話していて、日付境界線超えてた。 あっという間〜 日曜の記録です。 息子の大事なイベントが為に、一日費やしました。 移動時間が勿体無く、メールだけ仕事進めようにも、 人混みに酔って集中できずに却下。 ひたすら、その大事なイベントに集中す…

ザザッと購入本記録

この2日間で購入した本の備忘録です。 「札幌カフェ日和」「大人の語彙力ノート」は長男オススメ本はハズレなしなので購入。仕事で店をエスコートする・言葉でプレゼンすることを既に初めている息子に、知識として母が負ける訳にはいかないぞ...という負け…

今日、思い出す本

www.facebook.com 暗殺から、今日で50年が経ちました。 自分備忘録です。また、オバマ政権からトランプ氏に変わってから改めて...忘れていたことを、思い出したく。やっぱり処分したことを後悔してまた、再読したいなと思う本の記録です。 キング牧師―黒人差…

その怠惰はバレる

冒頭より先に詫びておく。 残念で失意なため言葉が雑になることを。 とても大切な仕事を相談し依頼したのだ。 誠意のある返事だったし信じたのである。 (期待と不安が交々) カタチになるまで仕事の結果というものは、見えない。 だからこそ信じて良き方へ…

言い訳材料は排除で

書籍媒体として市場に出た時点で、もう情報は古いとされる時代となってしまいました。昨日、書店へ行きWebコーディングとSEO対策について、今の自分に一番易しくて理解できそうな本は初版発行日がとにかく新しいものを。こちらは、自分虎の巻なので紹介は内…

人生カウントダウン

読了しました。 改めて、最後の家族旅行となったニューオリンズでの出来事、旅行前に自身で購入し慣らし試乗していたコンパクトな折りたたみ車椅子が、空港でロストバゲージしてしまい現地で調達したアメリカンサイズの車椅子で移動したこと、シュガーボウル…

竹田圭吾さんに質問

1月10日で、竹田圭吾さんが死去されてからまる2年が経つ。 (※以下敬称略で失礼いたします) 日本のジャーナリズムから竹田圭吾が去って、徐々に強くなる不満があった。 醸成され不安を煽る報道が増え、またそれが事実である国際社会問題と、日本経済や被災…

理想はさておき、

仕事しなくちゃ、と思いながら休むのは、 休みになってなくて「働くことから逃げてる」となる。 同じように「休まなくちゃ」と思いながら働いているのも、 「休むことから逃げている」とも言えるわけで、 どっちもよろしくないのであります。 いま、仕事をす…

10%だけジブン

原点回帰したい時に、 何度も備忘録ブログしたためてる本。 原点回帰したい時は、 周囲の雑音を聴きすぎて同調してしまった時。 ひどく疲れて、激しく後悔。聴きすぎもヨクナイ。 今日いちにちかけて脳内回路フル充電できそう...かな? 自分をおもて面に出し…

叩き出しブレイク⑷

世界のすべての灯りを消せ 真っ暗な夜をつくってくれ その無力で ただそれだけをしてくれないか 灯りを消してくれなんて言ったのは、まぶしすぎた土曜日のことです。 いまは、「暗くしていないで、せいいっぱいの今日をたのしんでください」と、 岩田さんは…

母サンタ修了認定

本日やるべきところまでの作業終わり。 どうしても午前中スイッチが入らなくて、目標時間より時間押してしまった。独り作業日こそ自分で規定した通りに進めないとダメなのにってそこは本日反省点。 師走の整頓をスローガンに隙間時間で行なっていることに入…

左ききのエレン・愛

今日は、大好きな「左ききのエレン」発売日ですが、北海道は(冬は特に)当日に店頭販売はまれ...でも悪あがきで、近所の本屋さんへ行ったけど、なかった。大好きなので、エレンが絵を描き続けている幼少期のシーンを描いたよ。かっぴーの感情走るイラストも…

デザインの仕事は②

「自分らしさとされているものに照準を合わせた瞬間に仕事というものがなくなるだろう。」(中略)こうした考えの裏には、当時の日本のイラストレーターが作家性とか個性とか、「自分らしさ」みたいなものに拘泥(こうでい)して、現実のビジネスとしっかり…

デザインの仕事は①

どうしても、どうしても今日欲しくて 近所の小さい書店へ探したが見つからなかった。 すると、予てから欲しかった本の背表紙と目が合った。 本とは、出会いであると思ったのである。 寄藤文平さんのイラストが大大!大好きだ。 だが本を手に取りパラパラ...…

人生バケーション

今日は、勤労感謝の日。 勤労「すること」に感謝して終えようぞ。 と思ってたが恥ずかしくなってしまった。 今日の言葉叩き出しは.... わたしの絵を気に入ってくださる方は、 「想像力が発揮できて楽しいでしょう?」 と言うけれど、それは見当ちがいよ。 わ…

叩き出しブレイク⑶

4章 いつもそのときが 青空へ 吸い込まれゆく風船を 千の風だと子が追いかける いのちとは 心が感じるものだから いつでも会えるあなたに会える * 「ねぇ、どれがおじおじちゃんの風?どうやったら、わかるの?お外に行ったら、おかあさんには、わかるの?…

叩き出しブレイク⑵

おわりに いつからだろう、夢がなくなったのは。 子供の頃、しばらくやってこないと思っていた未来には、スポーツ選手でもミュージシャンでもなんでもいい、大きな夢があり、夢とはそういうものなんだと思っていた。 (中略) けど今は、もう少し小さな夢が…

叩き出しブレイク⑴

愛がゆえに やさしくされることだって、 たくさんあるだろうとは思うのだけれど、 ぼくが言いたいのは、それじゃないやさしさのことだ。 愛がなくてもやさしくできること、 愛がなくてもやさしくしてもらえることの、 とんでもないありがたさだ。 * (1)…

紙飛行機でNYまで

【僕の好きな小さな冒険 その二】 ニューヨークのセントラルパークの側に 40階建ての古いホテルが建っていて、 僕はそこに泊まるといつもすることがあります。 "You are lucky"と書きつけた便せんを紙飛行機にして、 部屋の窓から外に向かって飛ばすこと。 …

抱きしめられたい。

生活圏内には溢れている広告を見過ごし、 多分必要な時にすっと入ってくる、を体感。 ほぼ日サイトで「ダーリンの言葉」読むくせに、 昨年末に販売されていたのを知りませんでした。 今日、ほぼ日サイトから即買いした本です。 到着待つ間の、心切なさは秋の…