memorandum

逆さま思考な備忘録_φ( ' ' )

地震と弱音と。

報道にもあるように、6日午前3時8分頃、北海道では初の震度7を計測した胆振東部地震ライフライン完全ストップ、先ず困ったのがトイレでした。娘がちょうど生理中だったこともあり、徒歩10分の公園へトイレに通い、給水へ。最低限の飲料水確保していたつもりで、犬猫のことも考えると足りなかった。盲点で、洗濯洗剤を切らしていた。カセットコンロ、ロウソク、手回し式の電池式ラジオがあり、特にラジオから得られる情報には精神的にかなり支えられました。

新聞が届いて正直驚きました。ゴミステーションのごみ収集はストップ、公共交通網もストップして移動手段が絶たれました。車を借りて移動や買物に備えようか...と思うも給油所は長蛇の列。コンビニも停電して真っ暗で商品が倒れたり破れたりした中で、静かに順を待ち並ぶ客たち・・・電池式の携帯充電器を持ち合わせておらず、コンビニに走ったのですが改めて防災の準備が甘かったと思い知らされました。

f:id:undy-yuu:20180908094223j:imagef:id:undy-yuu:20180908094229j:image

前日の台風の影響で、近所や公園の木々は太い幹の中央から折れたり、根元からもげ倒れたり。頑丈に見える木が無残な木っ端になっていたり、ブロック塀が亀裂して傾いていたり。報道にもある液状化現象の地域は近いけれど、そういった現状を撮影する気力はありませんでした。

暗いコンビニで自撮りを決めたり、倒れた商品や店内を撮影して恐らくはSNSに情報上げている人、または正義を持って正しい情報拡散に勤めて炊き出し情報・充電解放先など拡散するような人を横目に流すのみ。

娘たちとトイレに走り、水を汲み、最小限の買物して情報集める、それだけでクタクタになってました。仕事が出来ない、移動ができない...。

 

 

昨日午後、近所のスーパーで限定的に販売再開したと知り自転車走らせる。肉など生鮮品・カップラーメンなど非常食がほぼそこを尽きた商品棚を回り、在庫は十分なお菓子コーナーの前でふっと思考が止まってしまった。見渡すと、周り家族は何をどれだけ買うべきか声を掛け合って相談している。安全のため子供たちを家に置いて、空の商品棚を右往左往している自分は、相談できる人がいない。田舎の実家とも連絡が取れず。よく考えて落ち着けば、なんてことない買物であるのに、忘れていた孤独感が押し寄せてしまった。これが、震災時のパニックなのかもしれない。気を取り直して飴玉、業務用サイズの鳥肉、犬の餌、洗剤、トイレットペーパーを購入して帰路につく。

f:id:undy-yuu:20180908091214j:image

仕事も家庭も、一人で回さなければならない。

覚悟を決めて、自ら選んで子供を巻き込んでまで離婚したのは東日本大震災の年。家族について考え、意を決して逃げるを選択してから今日、自らも地震被害の最中で再び弱音を吐いてはいられない。

 

余震には備えて、日常に戻さなきゃ。

とは言え再び、仕事しながら家族について、

生きることについて考え込んでしまいがち。

 

しっかりしていない自分でも、

子供を守らなきゃならない。

今はそのことに集中を。

笑わなきゃ。

 

ひとまずレポート

終わりました。「2018 ARK Sprint 300」北海道地区戦と、併設の全国七大学自動車競技の部ラリーが無事に。色々ありましたが、一先ず大きな事故やケガなく。

f:id:undy-yuu:20180904091519j:plain

※開会式の様子、ご挨拶は蘭越町 町長。

当日は走り回ってたため、気がつけば昨年のようにスタートゲートの写真、撮れていなかった(泣)しかしながら、秋晴れに映えて、天気に恵まれた2日間でした。

リポートゆっくり書きたいのですが、向き合う時間が早速ありません。

 

大きいハイエースを運転したり、久々のマニュアル運転が出来たりは楽しくて、MINI廃車にしてから一年半近くたち非常に恋しくなりました。廃車間際、ハンドルもガッチガチでかなり運転にクセが必要だったMINI...自分の車が欲しい。

 

ひとまず今日はこれからニセコです。

その前に、逆算して午前中しなければならないこと、終わらせなくちゃ。

 

今シーズン終わったら、

抱えている仕事の締め切りを終えたら、

色々と向き合えるのかなとは思います。

 

大学生選手たちの真っ直ぐさ・若い笑顔などに癒されたりしながら。地区戦に参加している選手も、オフィシャルの皆さんも「継続すること」に照準を合わせると非常に困難が多いラリーの世界で、尊敬に値するなと思いました。惜しくも表彰台のスポット下に立てないそのような人々の思いがあって、そして何より開催地の理解と協力があって、成り立つラリーの世界。

 

今日のレポートは自分の為にも誰の為にもならない雑多な落書きですが、「とにかく通過した」という自分なりラジオポイントです。

 

走らなきゃ。

 

 

 

夜間緊急整形外科、帰路にて

現在AM1:56 家に戻りました。

着歴記録で電話がかかってきたのはPM9:20。

長男がバイト先の厨房で指を包丁で切って、

出血止まらないから夜間病院行けるか?と...

 

幸い、調べたら夜間当番の整形外科は、隣の区。

タクシー片道3メーター分くらい。急いで行く。

 

ギリギリ、縫うには至らなかったものの、

親指爪と内側半分切り込みガッチリ入ってて、

ロース肉切っていた時らしいけど、

指はロース肉じゃない。

ガリッって骨の音して流石にやばいと思ったんだよね(苦笑)」

... ... 。

笑いどころじゃないよ...。

良かったよ、指の先っぽの方じゃなくて。

切断とかじゃなくて。

けっこう血が出てバイト先厨房は大惨事ではあったらしい。

 

帰りは、タクシー見つからず。

夕飯食べてないので、びっくりドンキーで遅めのご飯PM11:00少し前。

久しぶりにゆっくり話などして、

ご飯食べたりなどして、そのまま。

帰りはタクシー3メーター分を歩いて帰りました。

 

もう少し具体的に、今日話したことや所感を残したかったけど、

起きた出来事のみ記録。でも今日は忘れないようにして、

やっぱり、歩きすぎて身体中痛いので今日は寝ましょう。

 

良い夢を見られますように。

昨日見た夢の続きを見たい、と思えるほどの。

 

 

 

勝手に広告のススメ

waterman.hatenablog.jp

 

「オトナの夏期講習」ゆっくり楽しんでいます。

デザインについての考察は楽しい、更に独りでするより凄く楽しい。

 

編集長の課題:「写真の中から好きな写真を1枚選んで、その写真にキャッチコピーをひとつ入れて、企業の広告(ポスター)を作成してみてください。どこの企業や団体のポスターを作成するかも自由です。」

 

写真ラインナップ眺めて、其々の写真の情景やストーリーを想像して...写真が突然喋り出したので、楽しくなって以下の写真をチョイス。

f:id:undy-yuu:20180829091446j:plain

 

仕上がり課題「勝手に広告」が以下。

f:id:undy-yuu:20180829091618j:plain

いつも仕事遅めな癖に、これは所要時間30分。

企業選びもキャッチもデザインも、好き勝手に組み立てて良いってのが楽しい。出来栄えはともかく、朝の脳トレには打って付けでした。

 

では、今日を走りましょう。

月並みな言葉しか浮かばないけれど、

待つ仕事があるってワクワクします。

 

右腕は、相変わらず痛い怠いね。

でも頑張ろう。 

 

告知したくて解禁

告知張りです。

仕事の性質上、このブログでは詳らかに告げていませんでしたが...ラリー関連のデザイン制作と事務局の役務も行なっております。直近では、今週末いよいよ!地区戦と七大学ラリーの部大会が開催されます。そこで当大会のクラウドファンディングを、少しでも宣伝できればと思っての告知張りなのです。

大枠のデザイン制作は終えました。そして今は賞典少しでも喜んでいただける内容と制作物の大詰めや、ウェルカムパーティーでの焼肉&カレーの準備も関わります。戦力になるだろうか、とか経験と知識の浅さをためらう間も無く。やるからには、とにかく開催地と参加選手が楽しんで貰えるように、そこを目指します。

 

気がつけば、息子の年齢に近い七大学の学生たち。青春とお金をクルマに注ぎ込み、今若い世代はクルマ離れが進んでいるという現実は寂しいけれど、モータースポーツの世界はまだまだ!そう思いたいし、若い世代がどんどん走れる環境にならなければならない。そのための地域連携は大人の責務なのではないかな。過酷なグラベルなので滑落するかもしれない、そもそも大会開催地へラリー車とともに身一つ、海を渡って来ることさえ大きなリスクなはず(金銭的に)...

 

自分も学生の時、新卒の頃、「ご馳走になる」ことがどんなに励みになったか。

実際現在、当クラウドファンディングのスポンサーはOBだったり先輩選手であったりが確認できて、応援コメント本当にありがたい、温かいのです。

 

f:id:undy-yuu:20180828221719g:plain

 

若い時にしか、出来ないことを全力で。

若い時を過ぎた大人こそ、出来ること全力で。

 

喫煙や飲酒より高リスク!な睡眠不足

24時間前から12時間前までの自分

産婦人科行けてなく曖昧ながらPMSか若年性更年期の狭間、といった感じで月に1度の貧血とめまい(とにかく、起きなきゃ!と思っても起きられない)必ずお世話になるのが「鉄分入り飲むヨーグルト」計画的に備えられなくてコンビニで安易に手に入るのが良い。1日分を2本もしくは、抱合せで鉄分入りヨーグルトを体内に流し込み。

動き始めたら頭痛と吐き気、

鎮痛剤を飲む(先に飲めよ、と毎回思うが渋る)

 

夕方、劇的に脳も身体も軽くなる。

遅れた分取り戻してハイテンションギアのまま仕事。

今ここ。ちょっと疲れてきちゃった...。

 

婦人科行かなきゃ、鍼灸治療行かなきゃ、と思いながらダメですね。体調良いときに油断してダメですね。とにかく再始動、のブレイク更新。

私の中でタイムリー事案な備忘録。

昨日、母子寡婦福祉大会に出席し、健身コンシェルジュウェルネス・プラン「予防医学への応用」講演を拝聴しました。

 

なんと、結論から!

寝不足は、喫煙と週5日以上の飲酒よりも血栓リスクが高い

とのこと!

朝スッキリ起きられない、食事の後にガクッと眠くなる方は、慢性的な疲労が蓄積していて危険な状態にあり。体内ストレス蓄積による臓器不全、自律神経のバランス不調など深刻なリスクがあるとのことー。

 

正直、自分は高コレステロールな食事の嗜好はないので、いわゆる中年が悩む高血圧や糖尿病の類は関係なしと高を括ってました。猛省...この睡眠不足が相当積み上げている負の貯金は、身体に悪いことしかない。また、運動も日々足りていない。

 

運動・休養・栄養バランスのキープ方法や、良質な睡眠を得るためアミノ酸セロトニンメラトニンの三代成分のために不可欠な行動と食事を具体的に教えてくれ、最初は仕事のヒントになればと思いメモをしていたが後半自分の為にと必死でメモを走らせていた。ポイント抑えて、本気で睡眠について変えて行こう。タイムリーすぎる。

 

イムリーに今抱えているピンチの解決策を見つけられて、大変有意義な講演にあり付けたなと、お誘いを受けた時は消極的またはお付き合いでしたが、大変に感謝。

f:id:undy-yuu:20180827233049j:image

長女のうんこ後なので、綺麗めで...次女が描いたイラスト。

うん、上手(←親ばか)

長女は今朝は、「ハンディくん」なる手袋風船をまた私のタブレット前に置き驚かせようとしたらしいが...空気は萎むし猫に遊ばれるしで

f:id:undy-yuu:20180827233958j:image

仕方ない、写真残しとこうかね。

どっちが姉か妹か、という常識は我家は皆無です。長女よ笑いを今日もありがとう。次女は頑張れー!とは言わず、見守ってる。

 

ほんと、雑記です。

概ね悩めるうちは幸せなんです。

 

この子供たちを守るためでもあり、

健康を害して、闘病している友の為にも。

 

 

睡眠改善: LEGX

f:id:undy-yuu:20180826074841j:image

朝起きたら、燦々と晴れた朝日を浴びて、

タブレットの上にこちら・・・「うんこ」かな。

長女のイタズラ。

 

 

やっちまいました、睡眠改善三日坊主。

昨夜、午後から事務所でイベント準備、

帰宅した時間・帰宅してからの記憶が、あんまりなくて・・。

多分23時くらいだったと思うんだけど、

娘たち24時間テレビ付けて夜更かししてて、

何か会話しながらソファで寝落ち。

化粧も落とさず、辛うじて着替えてた?

 

朝起きたら、リビングの電気は消えてて

それも寝坊して7:00少し前。

それもはっきりしない。

要するに、疲れがドッ!ときたようだ。

 

それでも、イベント準備は進んだので、一安心。

あとは当日まで出来ること残りを進め、

当日また擦り切れるくらい楽しめば良い!

 

ただ、驚くほど肩コリで目覚めるとかはなかった。

実は昨日、届いたサポーターフル装備で事務所行ったらば「サポーターは効かないから、テーピングのほうがいい」とちゃちゃっと巻いてくれました。常務理事自ら・・ってそう偉ぶる方ではなく事務所の掃除も仕事もちゃちゃっと早い人。

指全体のグローブみたいに腫れた感覚も少し緩和して、応急措置としてよかったのだと思う。ものすごく深く、久々に寝ることができたので、結果、睡眠改善にはなったとしよう。

 

f:id:undy-yuu:20180826074845j:image

で、・・・うんこかな?

長女はね、たまにこうして癒してくれるの。

目が覚めたら、真っ先に見える場所にぬいぐるみがヘンテコリンなポーズで鎮座してたりとか。家の空気がフワッと明るくなるのは長女の特質で才能。次女は、空いた時間全てイラスト描いてる。天才の法則時間:1万時間に、このまま続ければいつか辿り着くのではないか?1日3時間で10年。今も朝起きて真っ先に絵を描いてる。癒しの長女は、日曜夏休み最終日、課題と友達の誕生日プレゼントを買う用事を残して、まだ朝寝坊してる(自己責任なので、起こさないよ)

 

さてー始動しますよ8:22(所要時間22分)

 

睡眠改善: LEG2

きっかり朝6:00に目が覚めました。

台風の影響で///雨、雨、雨ザンザン///

雀は雨が好きなのかしら。

雨の音に混じってチィヨチィヨと囀っているよ。

あ、雨が縦殴りになって来た。

 

さて、自分生体観測晒しましょう。

・6:00起床、猫のトイレ掃除

・覚醒するまでボーッとしてる

・肩、脚のストレッチ

右腕の痺れは改善されず、作業しては休み休みの繰り返し。

・朝イチは豆乳珈琲(無調整豆乳に、インスタント珈琲、三温糖入れただけ)をホットで。ここに最近、野菜ジュース(出来れば人参ジュース)を胃に投入するという作業が加わりました。

・↑新聞目通ししながら飲む。

・↑朝イチ納品がある時は、上記全てカット。起きる=作業

締切ラッシュは、去りました。いや今日が正確に言うとヤマですが・・午後から事務所行って仕上げます。それ午後なので、この記録と別で備忘録上げます。いま自分の人生これからも、捧げて役に立ちたいと奮闘中です。何せ、経験が足りない。知識が足りない。そして、、これは後にしよう。自分の取るに足らない生体観測と並べることではないから。そのイベント終えたら、次の締め切りのヤマがいくつか。うーん。正直不安です。体調維持もしくは向上が重要。

 

Googleカレンダーに「仕事」「子供・PTA」と分けてもう一つ「活動タイムライン」ざっと記録。表示は用途毎にON・OFF出来るので「仕事」だけ表示させ締切やToDo確認しながら、PTA広報委員の締切りや委員会なども確認、母子寡婦連合会の大会やイベントも確認。←特に抜けがち。「活動タイムライン」は今月から入れ始めました。仕事のブッキングが増えて来て頭に常に不安を抱えるのを捨てたく、全て流し込みました。どの仕事にどれくらいかかっているか、作業終えて時計を見ては、「思ったより時間がかかっている」の繰り返し。でも、時間軸を意識することで自分の作業能力を客観視できて、また入力も作業の合間にパッと出来るので暫くこれで行く。

目指したいのは、Googkeカレンダーに空白の時間や日にちを作ること。「映画館」「美術館」「絵を描く(仕事じゃない)」をふらっと行い事後入力すること。

↑これに、睡眠時間を決まった時間軸で埋められたら自分を褒めよう。だって誰もそんなことで褒めてくれないよね、うん、自分で自分を褒めましょう。

 

ただ忘れてならないのは、フリーランスになって2年目、契約の出向が切れてから本当に仕事がなくて、なくて、コンペに出しては落ちてを繰り返していた期間に比べて、忙しいと零すのは我が儘すぎることだと言うのも、自分に言い聞かせて。

 

 

早く来ないかな。サポーター。

手首の関節押すだけで痛いので、ほんと待ってる。 今日到着予定。

 

 

テニスなんて中学の部活以来、してもいないのに「テニス肘」と診断されちょっと違うーと。左手ペンタブ&右手マウスで作業しているので最近、左腕も怠いです。筋肉痛や肩コリと違いこれら不調は、どう対応すべきか。改善急務だったりはします。

 

鍼灸では「肋間神経痛」と言われています。起因は、過去に帯状疱疹に気づかず治療が遅れて(というか、治療出来なかった)こと。

落ち着いたら、治療行かなきゃ。

・ 

叩き出し30分。遅いね。

意外と、バタバタしていないです。急ぐくらいで、人と同じペースなので...

 

雨の匂い残る。雨、止んでた。

相変わらず雀のチィヨ チィヨと、

窓の下は小さな川に濁流流れる。 

 

本日スタート。

 

睡眠改善: LEG1

早速、眠り改善と思って実践してみた。

・AM 1:00には寝る体制に

・完全消灯

・音楽を聴きながら寝るのは止め

アイマスクをして寝付く

アイマスクは、オススメが以下。コーヒーの香りと小豆の程よい重さが良いのです。

あずき&珈琲 蒸しパッド

あずき&珈琲 蒸しパッド

 

眠りが浅いので、6:00ピッタリに目が覚めました。

・寝起きにカーテンを開け朝日を浴びる

・肩のストレッチ

・ちょっとだけ散歩(有料ゴミ袋を切らしていたので、コンビニまで)

(覚醒するまでの時間に有酸素運動をするのは返って体に負担をかけるらしい)

 

想像以上に、朝からの倦怠感がなくて電気を点けたまま寝落ちはマジで止めようと。せめて意識して(良質な)睡眠を実践して行きます。今更ながら。

 

明日、手首と肘のサポーターが届く予定。これで少しは痺れや鈍痛が軽減してくれればありがたい。整形外科へ行っても「テニス肘」と言われ湿布が出るだけなので...自分の身体と付き合うしか無いね。

 

イベントの仕事が終わったら、

鍼灸治療へ行こうとは思います。

 

雑記、というか自分生態観察みたいな...

本日スタート。

 

 

カラダリセット急務

とうとう、やらかしてます。

サイクルが乱れ睡眠時間を削る羽目に。胃腸炎後の夏バテ傾向はずっと続いてて、誤魔化していた肩こりや右手首から肘の痺れは痛みに移行していて、作業してはガクッと寝落ちたりしてしまいます。それで慢性的に仕事を残しているから、夜も寝付けないというサイクル。

 

「これ終わったらゆっくり寝よう」...という所へ辿り着けない。情けなくて。

そんな有様だからコンビニ雑誌で見出し:

「自律神経」と「めぐり」調整の要、

脳と血流で、夏のカラダをリセット!

 

即買いですよ。表紙は、anan歴代安定の木村拓哉

anan (アンアン)2018/08/29 No.2115[脳と血流で、夏のカラダリセット! ]

anan (アンアン)2018/08/29 No.2115[脳と血流で、夏のカラダリセット! ]

 

 

一部抜粋。情けないくらいどれも実践できてない。

体調が慢性的に悪くなる訳だよ...若くないんだし。

f:id:undy-yuu:20180823035021j:image  f:id:undy-yuu:20180823035030j:image

めっちゃ抜粋。

 

まだザッとしか目通ししていないけど、本当これ終わったら、自分の体メンテナンスしよう...

 

「健康でいることも、正義」by木村拓哉

 

仕事の質も納期も裏切らないということ、

家族と笑顔で過ごすためゆとり=健康

というのは実感するので、

マジで実践しよう。

 

これ終わったら...

な、AM4:15

 

ひーっ。

 

 

 

LGBTQのQ君へ

これ読んでくれているLGBTQのQ君へ残しとく。

先に言っとくけど、「君」付けじゃないよ。

「麗しの君」と言うじゃないか、あれだよ。

別れを告げて去った君は、正しく其れだよ。

 

一番見せたくなかった事実を見せてくれてありがとう。

それはひょっとしたら、

懺悔と後悔を私に突き付ける為だったのかもしれない。

けれど、生まれ変わったって見せてくれてありがとう。

しっかり目に焼き付けて、後悔と共に忘れないでおく。

分岐点間違ったあの時に戻れたら、とは今も思う。

 

理解して貰えなくて良いけど、でも

思春期で片付けるには当時、幼すぎた。

君は迷惑かもしれないが、

一生、いや残念なことに

切ることのできない赤い鎖で繋がっているので、

「もう暫く会うことはないから」と別れても、

別れは一生訪れないもの。諦めてほしい。

 

不思議と、心が痛いとか悲しみとかよりも、

LGBTのQで良いじゃないか、と結論を喜びたい。

 

どっちが子供かわからない、諭されてしまった。

辛抱が足りないって思った。

君が言う「シミュレーション」は、大きな課題となる。

 

ひとつだけ、

今日という日が来る予感があった。見せてくれる日が、

だから頑なに隠すのを黙って待っていたし、

私自身が泣かずに受け止める成長が必要だった。

だからこの一年、特に最近は記憶がないくらい意地だった。

 

最後に、これだけは。

読んでいても、読んでいなくても

迷惑でも、素直になれなくても、

一番影響を受けてしまう性なのはお互い様で...

お互い離れて、どんどん遠くへ。遠くて近くへ。

そうしなきゃいけない。

 

君の心に花束を贈る、今日は記念日。

 

Day 2018.8.21 PM18:00-17:00

 


菅田将暉 『ロングホープ・フィリア』

遍く挫折に光あれ 成功、失敗に意味はないぜ

最終話で笑った奴へトロフィーとしてのハッピーエンド

願わなきゃ傷つかなかった 望まなきゃ失望もなかった

其れでも手を伸ばすからこそ

その傷跡を称え給え ロングホープ・フィリア 

 

 

予約投稿につき、

更新される頃には君と私は別なスタートライン。

感傷おしまい、行けるとこまで行こう。

 

 

 

日本は44.9%

昨日から、小学校新学期スタートです。

登校するまで朝は、不安そうで次女はいつも学校行きたくなさそう。でも下校するや否や「友達と遊びに行ってくる!」と飛び出して行った。よしよし。

 

学校便り新学期号:

教務主任の挨拶文が至極真っ当で備忘録します。 

日本の子どもたちは、「自己肯定感」が他国に比べてとても低いと言われています。日本・アメリカ・中国・韓国の4カ国の高校生男女約8,500人を対象にした「高校生の心と体の健康に関する意識調査報告書(平成30年度発表)」の結果によると、「私は価値のある人間である」と答えた子どもは、日本44.9%、アメリカ83.8%、中国80.2%、韓国83.7%でした。自分のことには控え目で謙虚であることが美德とされる日本と他国との国民性の違いが結果に出ることを差し引いても、日本の低さは際立っています。

この報告書は高校生の意識調査結果ですが、回答した子どもたちの基盤は小学生の時に形成されてきたものです。ですから、小学生のうちに子どもたちの自己肯定感を高めることがとても大切であると言うことが出来ます。

 

(中略)

 

この自己肯定感を高めるには、どうしたら良いのでしょうか。

自己肯定感は自然に備わっている感覚ではなく、子どもの頃に親や周囲の人に、自分の良いところだけでなく、悪いところも含めて全てを受け入れてもらった経験がないと育ちにくいものだそうです。(中略)子どもは自分の存在そのものが受け入れられていると言う実感を持ち、自己肯定感が育つのです。小さい頃から成績が良くて、親からしたら手のかからない子供であったとしても、その経験がないことによって自己肯定感が十分に育たないと言うケースもあると言われています。

 

 

そして文末に、子供を可能な限り認め、褒め、励ますことを大切に「あなたの代わりはいない」「あなたの命は一人だけのものではない」などの思いに触れる学校や家庭、地域、多くの出会いの中で自己肯定感を高める取り組みが必要だと締めています。

 

この文を書いた教務主任は、長男、長女、次女共に離婚後の不安定な環境を親共々、見守ってくれた先生でもあります。長男の受験準備に合わせ、また不審者が多い地域から引越し&転校をしたと同時に奇しくも同先生も、同じ小学校に転勤・着任されましたので、長女の卒業には父親のような気持ちでいてくれた、今も次女含めて「見守られている」と言う安心感が、あります。

普段お言葉にして伝えることは叶わないのですが、見守ってくれていると言うことが、いかにありがたいか。

 

さて、ダダダっとリライトと叩き出ししましたがこの「自己肯定感」については、誠に我が子供たちへ「今の自分が好きか」といえば自分の半分も好きなところはない、と答えそうである。かく言う私も、自分が大嫌いと言うコンプレックスが常に横たわっている。

 

なぜか。

 

褒めて伸ばす、と言う必要性はわかっていて、もちろんのこと当人が嫌いとする欠点も全て、子どものことは大好きであるのに。

 

なぜか。

 

子供が必要とする要求を「必要な時に、必要な言葉や感情で」与えられているかといえば、そこが決定的に足りないと思う。今の親は、地域に頼らない子育てで仕事に忙しすぎるのではないか。自分もそう...

 

昨日の新聞で「中学生・高校生の制服男女共同を推進」と言う記事があった。

女生徒は、先の申請がなくても制服のスカートをスラックスに変更ができる。

次女は今から中学の制服でスカートを履くのが心から嫌だと言っている。それは我が儘ではなく、男女に分けて服装で差別化するのが苦痛なのだから、それは時代の流れとともに自然な現象だと思う。出席簿も男女ではなく今後は共同になって行く、それでいいと思う。「そのままで良い」と言う承認は子供世代の方がスマートに採り入れていて、では制服のスカートをやめてスラックスにしたらいじめが起きるか、と言う懸念はないと思う。逆に、堂々と「自分はこうだ」と言う主張を出来た人間の方が、強い。

 

脱線。

まとめ。

 

自分は、嫌いだよ。

嫌いなままで、人と比べず、自分がこうしたいと言う根っこを支えて行きたい。自分さえ、自分の子さえ、手を焼いている始末なのに教育現場で子どもと親、地域に向き合う教師は誠に尊敬すべき存在です。

 

はじめて哲学する本

はじめて哲学する本

 

長男が読んで、長女が読んで、今は次女の本棚にある本。

妹たちは、熱心な読書家の兄が残した本を継いで読み、続きを自分で買い足ししている。幸せなことである。

 

 

盆の本質と考察


短いながら実家の帰省で、考えないよう忘れていたことを振り返る瞬間が否応にも生じているので、ここは素直に気になる記事を備忘録しておく。

 

死生観とか、遺言や遺産について、生前葬の賛否両論については、今から考えても早くないと思う。むしろ、子供がいる親なら早めに整理して必要に応じて(要するに、生きる時間をアップデートする度に)見直しすれば良い。

 

恵まれた故郷であり田舎に生まれ育ったが故に、故郷を遠ざけていました。

スタジオジブリの映画に出てくるような豊かな自然と、子供の頃は大勢の親族が盆と正月に集まり食卓を共にする、食卓も畑の恵みがたくさんで、父は怖く厳しかった。裸足で木登りをして山を見て、野良猫と落ちあわせて日向ぼっこ。ゲンゴロウとオケラを手のひらにのせて撫で、アメンボのジャンプを水たまりに顔寄せて飽きるまで眺めたこと。夏の空は星のカーテンを敷き詰めたような天の川。真っ暗な夜の闇、月の光のありがたさ。親族が多いが故に、小さな頃から葬式、とりわけ「これまで生きて動いていた皮膚が硬直して魂がいなくなる」という死の現象を見てきました。

 

生き堕ちる場所は選べないけれど(正確に言えば、魂が選ぶものらしいが)自分は誠に恵まれた環境に生まれたものだと、思います。

 

そのような故郷を出て、自分の居場所を永住の地を探すのは、とても苦労があり今も仮の住まいで試行錯誤しています。

 

田舎の故郷を持たない子供たちと、

田舎の故郷が常に横たわる私と、

どっちが幸せかは正直わからない。

 

ただ、成長しても変わらず支えてくれる祖父母の存在があるのはとても幸せなことで、躾や仕来りなど大切なことは、やはり家から継いだものが正しいと思える。食事の作法は、非常に厳しい父でした。今はそれに感謝しています。

 

人類はみな「遺族」】

長尾氏の考えには興味があるので、これから文献を追いかけていこうと思います。

痛い在宅医

痛い在宅医

 
痛くない死に方

痛くない死に方

 
病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず

病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず

 

 

今日は、これから読みたい本の備忘録。

盆が終わり。

重たかった空気ごと、

彼岸の君は持ち帰ったように思えます。

 

 

 

親には敵わない!

移動含めて、昨夜までぴったり30時間の故郷帰省だった。ヘルニアの介護犬は、体力が心配だけど置いていけないので、連れて行くことに...最悪も覚悟したし、何度も瀕死の危篤を経験しているのに、最近実はどんどん元気。ずり這いして、首から上を上手に使って移動できるようにも、なっている。恐るべし生命力。

 

 

しかし結局、移動だけして仕事を持ち込み移動と食事と風呂と睡眠以外はほぼ仕事をしても、終わらない...本当に、今回しきれてない。それでも、諦めずに全て同時進行で少しずつ、ジリジリ進めます。久々に帰ったのに、篭って仕事...親不孝で不出来すぎる。それなのに、まるで餌付けのように、次々とお手製で運ばれて来る料理。母は、珈琲を都度淹れてくれる。独り黙々仕事が日常なので、内心、嬉し涙だった。

 

f:id:undy-yuu:20180816213904j:plain
#全部生地から手作りピザ#自家製トマト入りドーナツ#ハート型#自家製ブルーベリー入りマフィン#妹の手作り#妹が嫁に欲しい

 

親には敵わない!と思ったこと。

 

母子家庭になってから8年目にもうすぐ入る。

6年前、家族だったシェルティ犬・さくらを、泣く泣く実家に託した。家族だから、一緒にいたいと言う気持ちだけではどうにもならなく、犬が生活する環境として最善を、実家に頼った形で。そのさくらが、今年の2月に交通事故に遭い、骨盤骨折で大手術をし、歩けない状態で排泄は介護。後遺症が残ると言う状況から根気よく実家の父母は通院と看病をし続け、動物看護に慣れた妹がカテーテルの交換などもした甲斐があって、奇跡的に歩けるようになったと...。それ一昨日、初めて聞いた。

 

f:id:undy-yuu:20180816211855j:plain

実家のサクラ🌸

 

半年間、「私には、伝えない」と実家で約束していたと言う。

 

それは正しかったと思う。

命に向き合うには私は、心が弱すぎることを知っての配慮。治療にかかった40万円以上の金額や介護してきた様子を聞いて、敵わないと思った。

 

自分が犬猫を保護する度に、母親には強く反対されたのだが、正論だと改めて思った。動物を飼うと言う覚悟は、そのような不測な事態でも全て最善を尽くす覚悟と、正直財力がいる。先先代の猫は尿道狭窄で8年間通院して尿を取り続けたし、先代の猫も病気で排泄介護しながらの通院治療、妹は猫エイズの看病にかかるお金は全て自分の働いたお金の中でとにかく最後、看取るまで。安楽死は決してしない。それが、実家の動物に向き合うルールだ。

 

私は、可哀想だと保護はするけれど、実際のところ不測な事態まで全て背負えるだろうか、と思ったときに今尚、子育てでいっぱいいっぱいなのに、癒しを犬猫に求めているだけで覚悟が足りない、母に怒られて当然だったと思った...。

 

「さくらは、家族だから」

さくらを実家に置いて、別れたあの当時、離婚して最大の後悔だったが、私が自分勝手に生きる中でも時に反対しながら、結局ずっと永く支えてくれているからここまで来れたのだと、思えた。

 

私が、両親の年齢になった時に、同じことを息子娘に出来るだろうか。今のままでは、多分じゃなくて難しい。今飼っている犬猫が、病気になって治療が必要になった時、十分な治療ができるだろうか。多分じゃなくて難しい。

 

大切なら、守る力がなければ。

愛情だけで気持ちだけで、それ出来ない。

 

愛を注ぎ切る、それは何処までで、本質は何か。

またまだ、親には敵わない。

 

自分が親の年齢になった時に、還元出来るかどうかは、やはり今の自分が試されてる。親に不満抱えていた当時の自分を叱りたい。

 

では何ができるかと言えば、やはり意気揚々な時も辛い時もひっくるめて、今少しオーバーワークが続き不安や不満も丸ごと、諦めず粛々と出来ることを片して進むしかない。

なので、今はとにかく仕事進めます。

感謝して、泣き言や甘えはダメ。

 

久々に帰省した実家は温か過ぎました。

 

朝仕事のススメ

最近、朝方です。

夜中に眠い目こすりながら回らない頭で今日終わらなかったタスクに向かって唸るより...朝を迎えた清々しい窓を迎えたデスクで、社会が動き出す10時までにクリアすれば何とかなる。そう思って、無理に夜更かししないで仕事残しても、寝るようになりました。(心臓が強くなったというか...)日付変更線が回った頃には、スイッチが切れたように寝てしまう最近。それも良し悪しがありつつ...

 

睡眠が、大事。

去るイベントで誤字のまま印刷・配布されてしまうという自己反省はずっと続いていて「どうリカバリーするか」ということに向き合うとき、今更だけど良質な精神状態と作業環境(時間含め)が大切だと思うのですよ。

 

やはり、イラストもの・ページ構成ものは遅々として牛歩。自分の仕事遅さにチリチリと肩が焼けるのだが(それって、ただの慢性的な肩コリ〜)

 

明日午後から移動も含めてジャスト30時間を、墓参りと盆帰省に充てます。そのために、何としても今日進めておかなければならないこと。

 

という訳で、仕事スタート。

 

本日の言葉:「子育てはロングラン。あきらめずに長い目で見る」

 「子どもがいつか成人して、社会に出る時に必要なものは何か。学力や処理能力が高くても人望のない人には周囲が協力せず、成功するものも成功できなくなるという場面は社会の中で度々目にする現実です。(中略)それが感情を持つ人間の評価の仕方です。」/母:栗原泉さん

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由
 

 

先月、薦められて一気に読み上げた本。栗原泉さんの子育て概念には、誠にそうだと共感する部分が多いです。人としての生き方や、仕事の多才ぶりも。勇気になります。